3回目接種遅れの元凶は後藤厚労相と堀内コロナ担当相 昨秋“前倒し”に急ブレーキの不可解

公開日: 更新日:

 第6波の新規感染者数は減少傾向が見られるが、重症者、死者数は今も深刻な事態が続いている。悔やまれるのは、3回目接種の前倒しが遅れたことだ。「8カ月に根拠なし。完全に厚労省の間違いだ」(河野前ワクチン担当相)と、政治家は官僚を“悪者”扱いだが、ブレーキをかけたのは岸田政権の2閣僚だ。

  ◇  ◇  ◇

 14日の衆院予算委員会で、立憲の長妻昭議員は「前倒しの判断が遅れたことは人災だ」として、昨年11月の前倒し決定をめぐる経緯を取り上げた。

 11月15日、専門家で構成する厚労省のワクチン分科会は3回目接種の時期について、2回目接種完了から「原則8カ月」としながらも、感染状況による自治体の判断で「6カ月」と認める方針を了承した。

 ところが翌日、2人の大臣が閣議後会見の場で、急ブレーキをかけたのだ。

 6カ月後接種について、後藤厚労相は「クラスター発生など非常に特殊な場合だ。自由に地域の判断で前倒しするものではない」と言及。堀内コロナ担当相は「例外的な取り扱い。現在の感染状況では、自治体は6カ月を前提に準備する必要はない」と断じた。

 次の波が来る冬の前に、リスクの高い高齢者施設などで3回目接種を急ぎたかった自治体はブレーキ会見に大混乱。長妻氏の元にも問い合わせが相次いだという。

 予算委で長妻氏に会見発言の真意を問われた後藤厚労相は、感染状況によるとしたワクチン分科会と「違いはない」と前置きし、「知事会など自由に6カ月に前倒しができることに強い憂慮を表明した団体もあり、原則ルールを明確にした」と答弁。当時、前倒しによる混乱を懸念する自治体はあったが、11月21日の全国知事会の緊急提言は「判断基準の明確化と確実なワクチン確保」だった。前倒しに難色を示したわけではない。

ブレーキ会見後、両大臣はそろって岸田首相と面会

 堀内コロナ担当相は「当時の感染状況では8カ月を前提に準備していただく状況だった」と答えた。前倒しは「不急」と判断していたことが分かる。決して官僚ではなく、政治判断で前倒しにブレーキをかけたように見える。

 しかも、昨年11月1日時点のワクチンの在庫は、国と市中を合わせて4690万回(ファイザー2370万回、モデルナ2320万回)分もあった。医療従事者576万人、高齢者3273万人の対象者全員に接種しても、お釣りがくる量が国内に存在したのだ。

 長妻氏は「官僚はワクチン分科会の議論で着地をしたが、その上の政治家、両大臣がブレーキをかけたのが真相じゃないのか。岸田首相がどう関わっているか明らかにする」と意気込んだ。

 実は当時のブレーキ会見後、両大臣はそろって岸田首相と面会。岸田首相は「原則8カ月」を自治体に丁寧に説明するよう指示したとNHKは報じたが、後藤厚労相は「やりとりは明かせない」と隠した。

「昨年11月は感染が下火だった。政府・与党内で、わざわざ混乱を伴う前倒しをしなくても、何とかなるとの楽観論があり、政治判断で8カ月が堅持されたようです。もし、昨年11月15日の時点で在庫がある自治体の前倒し接種を認めていれば、多くの高齢者は1月中に3回目接種を完了させ、ひいては現在の重症者や死者はもっと少なくて済んだはずです」(医療ガバナンス研究所理事長の上昌広氏)

 当時、各国が前倒しを加速させる中、なぜ、岸田政権はブレーキをかけたのか──。野党はしつこく追及し、政策決定プロセスを明らかにすべきだ。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

  2. 2
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  3. 3
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  4. 4
    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

  5. 5
    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

  3. 8
    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

  4. 9
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  5. 10
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に