プーチン大統領が送り込んだ「ゼレンスキー暗殺部隊」の正体 傭兵400人がキエフ入り

公開日: 更新日:

標的は要人23人

 ロシアのウクライナ侵攻はやはり計算ずく、そしてトコトンやるつもりのようだ。攻防が続く首都キエフにプーチン大統領が暗殺部隊400人を送り込んでいるという。

 標的はゼレンスキー大統領ら政府要人23人。英紙タイムズ電子版(27日配信)が報じた。

「斬首作戦」を察知したゼレンスキー大統領は「第1の標的は私」と公言。先週末以降、キエフには夜間外出禁止令が出され、掃討作戦が実施されているが、残党はまだ蠢いているもようだ。

 タイムズによると、プーチン大統領は取り巻きのオリガルヒ(新興財閥)が運営する民間軍事会社「ワグナー」に指示し、1月中に2000~4000人の傭兵をアフリカからウクライナへ派遣。さらに、北隣のベラルーシを経由して傭兵400人をキエフ入りさせた。暗殺対象はゼレンスキー大統領を含む閣僚全員のほか、元WBCヘビー級王者のクリチコ・キエフ市長や弟の元3団体統一王者ウラジーミル氏らだ。

 キエフでスタンバイする傭兵はクレムリンからのゴーサインを待っており、「数日以内の標的殺害と脱出」に対し、多額のボーナスが約束されているという。10年近い経済制裁で懐は厳しいはずなのに大盤振る舞い。プーチン大統領の本気度がうかがわれる。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    濱田岳は外野の雑音を実力でねじ伏せてきた 同クール2本の連ドラで存在感発揮のワケ

    濱田岳は外野の雑音を実力でねじ伏せてきた 同クール2本の連ドラで存在感発揮のワケ

  3. 3
    元「メロン記念日」大谷雅恵さん 借金500万円で自己破産「生活保護からは脱しましたが、生活は今もギリギリ」

    元「メロン記念日」大谷雅恵さん 借金500万円で自己破産「生活保護からは脱しましたが、生活は今もギリギリ」

  4. 4
    澤村拓一は恩義でロッテ復帰 原巨人また日本人に逃げられ「セットアッパー」穴埋めならず

    澤村拓一は恩義でロッテ復帰 原巨人また日本人に逃げられ「セットアッパー」穴埋めならず

  5. 5
    ガーシー議員74年ぶりの「招状」にも反省ゼロ! SNSの反応は風向きガラリ

    ガーシー議員74年ぶりの「招状」にも反省ゼロ! SNSの反応は風向きガラリ

  1. 6
    三浦瑠麗氏にTV出演見合わせドミノ…胸元が透けた国葬“シースルー喪服”を思い出す人も

    三浦瑠麗氏にTV出演見合わせドミノ…胸元が透けた国葬“シースルー喪服”を思い出す人も

  2. 7
    三笘薫に100億円超えアーセナル入り情報!FA杯リバプール戦マジック決勝弾で移籍金爆上がり

    三笘薫に100億円超えアーセナル入り情報!FA杯リバプール戦マジック決勝弾で移籍金爆上がり

  3. 8
    日本→フィリピン“現金の運び屋”は「ルフィ」渡辺容疑者のオンナがやっていた

    日本→フィリピン“現金の運び屋”は「ルフィ」渡辺容疑者のオンナがやっていた

  4. 9
    超低空飛行のフジ「ぽかぽか」は“コンプラ上等”で「笑っていいとも!」の再来となるか

    超低空飛行のフジ「ぽかぽか」は“コンプラ上等”で「笑っていいとも!」の再来となるか

  5. 10
    中居正広せっかくの復帰も…自ら“年内死亡説”に言及しすぎで「逆に心配」とファンやきもき

    中居正広せっかくの復帰も…自ら“年内死亡説”に言及しすぎで「逆に心配」とファンやきもき