髙橋裕樹
著者のコラム一覧
髙橋裕樹弁護士

「すべては依頼者の笑顔のために」がモットー。3000件を超す法律相談実績を持ち、相続や離婚といった身近な法律問題から刑事事件、企業法務まで何でもこなすオールマイティーな“戦う弁護士”。裁判員裁判4連続無罪の偉業を成し遂げた実績を持つ。アトム市川船橋法律事務所。

刑法初の大改正 「懲役刑」がなくなる意味を知っていますか?

公開日: 更新日:

 刑法の大改正が行われました。1907年以降、初めてのことです。

 これまで刑務所に入所させる刑罰は「懲役刑」「禁錮刑」の2つでしたが、これらを廃止し「拘禁刑」という新たな刑罰へ一本化されました。

 これまでの「懲役刑」は刑務作業が中心。それに対し、新設された「拘禁刑」は、刑務作業だけでなく、受刑者が刑期を終えた後、円滑に社会復帰をし、自立した生活を送っていくために必要な住居、医療、就業・修学などの指導や教育も行わせることができるものとされました。

 この改正に至った経緯としては、刑期を終えた受刑者を取り巻く現実が大きく影響していると思われます。法務省が作成し公開する「犯罪白書」(令和3年版)によれば、再犯者率は年々上昇し続け、令和2年には49.1%。また、刑務所から出所した受刑者が再び入所する確率は、出所してから5年以内が36.7%、10年以内が45.3%となっています。

 刑務所での生活の大半を単純な刑務作業に費やしてきた受刑者にとって、出所後、逮捕前とは様変わりした社会で復帰することは非常にハードルが高いものがあります。それゆえ、出所後の受刑者が生活の場所や、気持ちのやり場を失い、再犯に至ってしまうような事態を極力避けるため、刑務所内における準備や教育が大きな課題となっていました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    基礎疾患ナシ20代コロナ軽症者が自宅で急変死!「第7波の死者数が最多になる恐れ」と専門家

    基礎疾患ナシ20代コロナ軽症者が自宅で急変死!「第7波の死者数が最多になる恐れ」と専門家

  2. 2
    豪州の農場に刺さった巨大な物体は…なんと「宇宙船」の破片!

    豪州の農場に刺さった巨大な物体は…なんと「宇宙船」の破片!

  3. 3
    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

  4. 4
    愛子さまティアラ再び新調せず…国民思いの決断に称賛の声、国葬には税金ジャブジャブなのに

    愛子さまティアラ再び新調せず…国民思いの決断に称賛の声、国葬には税金ジャブジャブなのに

  5. 5
    昭恵夫人“安倍家追放”報道で東京→山口に移住?「スピリチュアル活動」も活発化の予感

    昭恵夫人“安倍家追放”報道で東京→山口に移住?「スピリチュアル活動」も活発化の予感

  1. 6
    ガーシーを国会議員に当選させた有権者の責任…気にいらない相手を「晒す」悪癖と驚愕の報酬

    ガーシーを国会議員に当選させた有権者の責任…気にいらない相手を「晒す」悪癖と驚愕の報酬

  2. 7
    NHK大慌て!全職員に「旧統一教会問題を取材せよ」とゲキ “#もうNHKに金払いたくない”警戒か

    NHK大慌て!全職員に「旧統一教会問題を取材せよ」とゲキ “#もうNHKに金払いたくない”警戒か

  3. 8
    ボロボロだった渋野日向子が突然“豹変”したワケ 全英女子8バーディー単独首位発進!

    ボロボロだった渋野日向子が突然“豹変”したワケ 全英女子8バーディー単独首位発進!

  4. 9
    下村博文氏に「安倍さん以上の嘘つき」と批判の声 旧統一教会の名称変更で無理スジの釈明

    下村博文氏に「安倍さん以上の嘘つき」と批判の声 旧統一教会の名称変更で無理スジの釈明

  5. 10
    TBS「水ダウ」に抗議の日本吃音協会が“逆炎上”している理由…過剰反応が芸人の仕事を奪う?

    TBS「水ダウ」に抗議の日本吃音協会が“逆炎上”している理由…過剰反応が芸人の仕事を奪う?