三平酒寮 西口店(新宿)激戦区で常連客にも支持される“大箱店”の安心感

公開日: 更新日:

 サラリーマンの街、新宿駅西口エリアはヨドバシカメラ周辺に、昼飲みの店が乱立している。昼から一杯! のチェーン店が右にも左にも、という感じ。だが、食指が動かない。落ち着かない店が多そうな気がして。

 甲州街道から並行に2本目の大通り、ヨドバシのマルチメディア館の辺を歩きながら見上げると都庁の超高層ビルが遠くに、その手前あたりをキョロキョロすると、なんとなくほっこり感ある看板、店名がチラッと見える。「三平酒寮」。ここなら大丈夫! 直感である。

 ビルの3階。小さな居酒屋かと思ったら、190人以上収容できる大箱の店だった。店内は広々として柱などが少ないので圧迫感がない。コロナの今なら、密が避けられそうという安心感も。さらに、大きいのに純居酒屋っぽいのですよ。

 隣で飲んでいた中高年男女4人が顔を寄せ合い、声大きめで談笑している。ここで何度も飲んでいるのがありあり。

 10年ほど前から勤めている清水満店長が言うには「私が若かった頃は西口にはお店なんか何にもなかった。ここはその頃からやっていてずっと通ってきている方、常連さんが多いんです。気心が知れている、少しは無理も聞いてもらえるということではないでしょうか」。

 この一等地では奇跡的にも基本、常連客に支えられている店なのだ。コロナで落ち込んだ時期もあるが、今は8、9割方戻ったというから、人気は根強い。

 並んだのは里芋の唐揚げ、肉豆腐、ブリとネギの串焼きの3品。素材はシンプルだけど、どれも丁寧な仕事ぶりで、ガチャガチャしたチェーン店とはよって立つところが違っている。肉豆腐、実は最近では肉じゃがとともに、居酒屋メニューからフェードアウトしつつある印象で、懐かしさ百倍だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

  2. 2
    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

  3. 3
    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

  4. 4
    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

  5. 5
    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

  1. 6
    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

  2. 7
    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

  3. 8
    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

  4. 9
    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

  5. 10
    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由

    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由