田中幾太郎
著者のコラム一覧
田中幾太郎ジャーナリスト

1958年、東京都生まれ。「週刊現代」記者を経てフリー。医療問題企業経営などにつ いて月刊誌や日刊ゲンダイに執筆。著書に「慶應幼稚舎の秘密」(ベスト新書)、 「慶應三田会の人脈と実力」(宝島新書)「三菱財閥 最強の秘密」(同)など。 日刊ゲンダイDIGITALで連載「名門校のトリビア」を書籍化した「名門校の真実」が好評発売中。

悠仁さま筑付高進学の決め手となった警備問題 お茶大キャンパスそばの好立地

公開日: 更新日:

「秋篠宮家は無理をしすぎているのでは」と嘆息するのは学習院大の元教授。戦後生まれの皇族で学習院に一度も足を踏み入れていないのは悠仁さまだけ。この秋篠宮家の選択がさまざまなひずみを生んでいると指摘する。「こんな言い方はしたくないが、これまでの皇族のように学習院に通われていれば、ほうぼうからバッシングを受けることもなかった」と元教授は話す。

 学校選びで最も批判の的となったのは高校だ。悠仁さまのためにつくられた「提携校進学制度」を使って超難関の筑波大付属高(筑付高)に入学し、「特別待遇にもほどがある」との声が高まった。だが、この選択はむしろ、秋篠宮家なりの配慮だったと宮内庁OBは話す。

「秋篠宮さまや紀子さまが気にされたのは通学時の警備問題。宮内庁や警察に過剰な負担はかけられないとの意識があった」

 幼稚園から中学まではお茶の水女子大付属。すべて大学キャンパス内にある。悠仁さまはここに12年間通い、しっかりした警備体制が構築された。

「高校に上がるにあたって短時間に新たな警備体制をつくるのはたいへんだろうと秋篠宮さまたちは心配した。お茶大キャンパスと目と鼻の先にある筑付高が第1候補になった」(宮内庁OB)

 だが、そうした経験を一番持っているのは学習院である。「警備問題で周囲にいろいろ気を使うのであれば、ベストはどこなのか、おのずと決まってくる」と学習院大元教授は恨み節とも思える言葉を漏らす。事実、お茶大付属時代もその警備体制は完璧ではなかった。中学に内部進学してまもなく、悠仁さまの机に包丁が2本置かれる事件が起こった。50代の男が教室に入り込んだのだ。

かたくななまでに学習院を敬遠

「学習院ならこんなことは起こらない。秋篠宮家はなぜここまでかたくななのか」と元教授は悔しがる。学習院を敬遠するのは「秋篠宮さま自身の体験が影響している」と話すのは前出の宮内庁OBだ。

「皇室といえども希望するところに行けないのはおかしい」と疑問を持った秋篠宮さまは大学進学を前に皇太子時代の明仁上皇に相談した。学習院以外の大学に進みたいというのだ。

「学習院大には秋篠宮さまが興味を持つナマズや家禽類の研究施設がなく、そうした教授もいなかった。そこで父の明仁さまに直訴したわけですが、自分の立場をわきまえるようにたしなめられ、あきらめるしかなかった」

 結局、学習院大法学部に進んだが、「悠仁さまには同じ思いをさせたくないのだろう」と宮内庁OBは秋篠宮さまの気持ちを推察する。

 ただ、どこまでが許容範囲なのかは微妙なところ。

「宮内庁も一枚岩ではなく、無理をして将来の天皇に傷をつけることになりかねないとの声も強まっている」(担当記者)

 この4月には悠仁さまも筑付高3年生。ちまたで噂される東大を目指すにしても、目が離せない状況が続きそうだ。

◆田中幾太郎の著書「名門校の真実」(1540円)日刊現代から好評発売中!

■関連キーワード

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    西武フロントの致命的欠陥…功労者の引き留めベタ、補強すら空振り連発の悲惨

    西武フロントの致命的欠陥…功労者の引き留めベタ、補強すら空振り連発の悲惨

  2. 2
    西武の単独最下位は誰のせい? 若手野手の惨状に「松井監督は二軍で誰を育てた?」の痛烈批判

    西武の単独最下位は誰のせい? 若手野手の惨状に「松井監督は二軍で誰を育てた?」の痛烈批判

  3. 3
    巨人・小林誠司の先制決勝適時打を生んだ「死に物狂い」なLINE自撮り動画

    巨人・小林誠司の先制決勝適時打を生んだ「死に物狂い」なLINE自撮り動画

  4. 4
    全国紙が全国紙でなくなる?「新聞販売店」倒産急増の背景…発行部数の激減、人手不足も一因に

    全国紙が全国紙でなくなる?「新聞販売店」倒産急増の背景…発行部数の激減、人手不足も一因に

  5. 5
    花巻東時代は食トレに苦戦、残した弁当を放置してカビだらけにしたことも

    花巻東時代は食トレに苦戦、残した弁当を放置してカビだらけにしたことも

  1. 6
    日本ハムは過去2年より期待できそう 新外国人レイエスが見せつけた恐るべきパワー

    日本ハムは過去2年より期待できそう 新外国人レイエスが見せつけた恐るべきパワー

  2. 7
    大谷はアスリートだった両親の元、「ずいぶんしっかりした顔つき」で産み落とされた

    大谷はアスリートだった両親の元、「ずいぶんしっかりした顔つき」で産み落とされた

  3. 8
    【中日編】立浪監督が「秘密兵器」に挙げた意外な名前

    【中日編】立浪監督が「秘密兵器」に挙げた意外な名前

  4. 9
    WBCの試合後でも大谷が227キロのバーベルを軽々と持ち上げる姿にヌートバーは舌を巻いた

    WBCの試合後でも大谷が227キロのバーベルを軽々と持ち上げる姿にヌートバーは舌を巻いた

  5. 10
    裏金自民に大逆風! 衆院3補選の「天王山」島根1区で岸田首相の“サクラ”動員演説は大失敗

    裏金自民に大逆風! 衆院3補選の「天王山」島根1区で岸田首相の“サクラ”動員演説は大失敗