米NY州の幼稚園の先生が元園児に肝臓を提供 “無私無欲”な親切が全米で話題に

公開日: 更新日:

 幼稚園の先生が、臓器移植が必要な元園児に自分の肝臓を提供することを申し出て、無私無欲な親切が全米の話題になっている。

 米ニューヨーク州オールデンに住むエズラ・トチェクちゃんは生後6カ月でトチェク家に養子にもらわれた。出産の際に肝臓に損傷を負い、今年1月に末期の肝臓病と診断された。できるだけ早く移植が必要な状況だった。

 養子であることもあって、家族の肝臓はマッチしなかった。

 3月にこの事実を知ったのが、幼稚園でエズラちゃんの担任をしたカリッサ・フィッシャーさんだった。

〈何とかしなければ〉

 そう考えたカリッサさんは、エズラちゃんの家族には知らせず、検査してもらったところ……結果は完璧にマッチ!

 肝臓の提供を決心したカリッサさんは、エズラちゃんの家に行き、「先生の肝臓を分かち合いませんか? イエスかノーにチェックして」と書かれたチェックシートを見せた(写真=カリッサ先生㊧とエズラちゃん=エズラちゃんの母親のカレンさんのフェイスブックから)。

 これを見たカレンさんは、その時の気持ちをフェイスブックにこう投稿した。

「これを見て私の“脳”は止まりました。カリッサさんが声に出して読んでくれてようやく事態が理解できました」「どう感謝を表したらいいのか分かりません! ただただ涙があふれ出ました」

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方