二木啓孝
著者のコラム一覧
二木啓孝

1949年生まれ。鹿児島県出身。明大中退。日刊現代ニュース編集部長を経て、日本BS放送取締役・解説委員。

ゲスト 佐高信さん<中>今まさに「本流とは何か」「政党の理念とは何か」が問われている

公開日:  更新日:

二木 佐高さんは評論家であると同時に書評家でもいらっしゃる。本をめぐる思い出を聞かせてください。

佐高 元大蔵次官でJT社長を務めた長岡實さん、伊東正義元外相と3人で「鬼平の魅力を語る」という対談をしたことがあります。2人とも鬼平好きで、対談の人選も私がやりました。長岡さんは、実は大平正芳元首相の読書ブレーンでしてね。大平さんが鬼平を読むようになったのは長岡さんの勧めだったのです。伊東さんも大平さんの本の推薦人でした。

二木 2人とも骨太の人物でしたね。

佐高 長岡さんは役人の枠を飛び越えたスケールの大きな人物でしたね。この人、若いころ浅草で遊んでいて、こまどり姉妹をひいきにしていたそうですよ。その後は役人が小粒になってしまった。長岡さんや佐橋滋(元通産次官)みたいな人はいないよねえ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る