“別れ上手”なモテ女が使う 恨まれずに「男を捨てる」決め台詞

公開日:  更新日:

 三鷹ストーカー殺人事件をきっかけに昨年、リベンジポルノ防止法が施行されたが、事件は後を絶たない。被害者は圧倒的に女性だ。女性が切り出した別れ話がもつれ、未練を募らせた男性が逆恨みして……というパターンが典型的。実際、5人に1人がストーカーの影に怯えているという。

 20~40歳の働く未婚女性600人を対象にしたALSOKの調査によると、〈ストーカー被害に遭ったことがある〉と答えたのは8.8%を占め、〈遭いそうになったことがある〉を含めると、全体の20.0%に上った。

 女性の恋愛事情に詳しいライターの吉田潮氏はこう言う。

「ストーカーされやすい女性は、うまく別れられなかったケースがやっぱり多い。いわゆる“お盛ん”な女性たちにそのあたりを聞くと、経験豊富な女性ほど別れ上手です。彼女たちに共通するのが、真実を伝えない、突拍子もない理由を挙げない。例えば、がんになったとか転勤するなんていうのは“盛り過ぎ”なんです。彼氏との関係を続けたいけれど、やむにやまれず彼氏のためを思って別れを選んだ――というストーリーを自然に作り上げるのがテッパンです。彼氏は男のプライドを保てるので、後腐れなく縁が切れます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る