• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“別れ上手”なモテ女が使う 恨まれずに「男を捨てる」決め台詞

投稿日:  更新日:

 三鷹ストーカー殺人事件をきっかけに昨年、リベンジポルノ防止法が施行されたが、事件は後を絶たない。被害者は圧倒的に女性だ。女性が切り出した別れ話がもつれ、未練を募らせた男性が逆恨みして……というパターンが典型的。実際、5人に1人がストーカーの影に怯えているという。

 20~40歳の働く未婚女性600人を対象にしたALSOKの調査によると、〈ストーカー被害に遭ったことがある〉と答えたのは8.8%を占め、〈遭いそうになったことがある〉を含めると、全体の20.0%に上った。

 女性の恋愛事情に詳しいライターの吉田潮氏はこう言う。

「ストーカーされやすい女性は、うまく別れられなかったケースがやっぱり多い。いわゆる“お盛ん”な女性たちにそのあたりを聞くと、経験豊富な女性ほど別れ上手です。彼女たちに共通するのが、真実を伝えない、突拍子もない理由を挙げない。例えば、がんになったとか転勤するなんていうのは“盛り過ぎ”なんです。彼氏との関係を続けたいけれど、やむにやまれず彼氏のためを思って別れを選んだ――というストーリーを自然に作り上げるのがテッパンです。彼氏は男のプライドを保てるので、後腐れなく縁が切れます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

もっと見る