二木啓孝
著者のコラム一覧
二木啓孝

1949年生まれ。鹿児島県出身。明大中退。日刊現代ニュース編集部長を経て、日本BS放送取締役・解説委員。

古市憲寿さん<上> 20代で若者のことを書いておきたかった

公開日: 更新日:

 今回のゲストは気鋭の社会学者・古市憲寿さん。ホストの二木さんとは親子ほどの年代差がある。若者論から戦争、憲法、共生、日本の将来像まで、世代を超えて語り合った2人の対談をお楽しみください。

 ◇  ◇  ◇

二木 子供の頃の話から伺わせてください。サメ図鑑を作られたそうですね。

古市 幼稚園の遠足で行った葛西臨海水族園で見かけてからサメが好きになり、親に買ってもらった魚類図鑑の中からサメの情報を編集してサメ図鑑を作りました。ミツクリザメが好きでしたね。小学校低学年の頃ですかね。未知なものが好きで、その後は宇宙開発に興味を持つようになりました。

二木 学校の授業はあまり面白くなかった?

古市 春休みのうちに1年分の教科書を見てしまったので、授業は復習みたいなもので新たな学びはなかったですね。学校では学級新聞を作っていましたよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

もっと見る