• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
二木啓孝
著者のコラム一覧
二木啓孝

1949年生まれ。鹿児島県出身。明大中退。日刊現代ニュース編集部長を経て、日本BS放送取締役・解説委員。

潮匡人<下> 南スーダンへの駆け付け警護は中断すべき

二木 いまの南スーダンは、錯綜した民族問題と利権が絡んで非常に危険な状況にあるとみています。そうしたなか、法的な背骨がしっかりしないまま、派遣が決まってしまった。

潮 大統領派、副大統領派の善悪が判然としないグレーな状況下で、陸上自衛隊は駆け付け警護という任務を帯びて派遣されているわけです。私はこの間「活動は中断すべき」「撤退の出口戦略をきちんと図るべき」と申し上げています。他方でイスラム国に対する作戦について、安倍総理は何度も自衛隊が参加することはないと繰り返し言いました。しかし、そこはおかしいと思うんですね。いま世界で、いわゆるイスラム国以上に、悪であることについて人類が疑いを持たない共通の敵がいるのかと。それに対する戦いには善かれ悪しかれ後方支援すらしない自衛隊が、善悪が判然としないスーダンに派遣され、場合によっては一方に加担し、一方に銃口を向けるかもしれない任務を帯びている。そのことを正しいと割りきっているのかという点については、正直疑問が残りますね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る