二木啓孝
著者のコラム一覧
二木啓孝

1949年生まれ。鹿児島県出身。明大中退。日刊現代ニュース編集部長を経て、日本BS放送取締役・解説委員。

潮匡人<下> 南スーダンへの駆け付け警護は中断すべき

公開日:

二木 いまの南スーダンは、錯綜した民族問題と利権が絡んで非常に危険な状況にあるとみています。そうしたなか、法的な背骨がしっかりしないまま、派遣が決まってしまった。

潮 大統領派、副大統領派の善悪が判然としないグレーな状況下で、陸上自衛隊は駆け付け警護という任務を帯びて派遣されているわけです。私はこの間「活動は中断すべき」「撤退の出口戦略をきちんと図るべき」と申し上げています。他方でイスラム国に対する作戦について、安倍総理は何度も自衛隊が参加することはないと繰り返し言いました。しかし、そこはおかしいと思うんですね。いま世界で、いわゆるイスラム国以上に、悪であることについて人類が疑いを持たない共通の敵がいるのかと。それに対する戦いには善かれ悪しかれ後方支援すらしない自衛隊が、善悪が判然としないスーダンに派遣され、場合によっては一方に加担し、一方に銃口を向けるかもしれない任務を帯びている。そのことを正しいと割りきっているのかという点については、正直疑問が残りますね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る