日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

女優と男優も逮捕 カリビアン摘発でAVから本番が消える日

 裏エロ動画サイト「カリビアンコム」関係者の逮捕でAV出演者は戦々恐々だ。

 警視庁に2日摘発されたのは芸能プロ「ディクレア」の社長、石崎宣行容疑者(35)ら男女5人。今年1月に「ピエロ」という制作会社にAV女優を派遣して、無修正わいせつ動画の撮影に協力。この動画が裏サイトのカリビアンコムにアップされたため、わいせつ電磁的記録頒布ほう助罪を適用された。

 捕まった女優は“西川ゆい”こと菊地彩花容疑者(25)。ほかに男優2人が逮捕された。

「西川は人気女優で、今年1月にAV引退を表明。2月2日に都内のスタジオで無修正動画に出演したようです。ディクレアが受け取ったギャラは1本200万円以上。このうち120万円が西川に渡った。ディクレアは女優50人が在籍し、2009年1月~16年11月までに1億5400万円を売り上げていた。うち6000万円がピエロからの入金でした」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事