<5>昼は高校で授業を受け夜はたまに風俗

公開日:  更新日:

 病院の廊下を点滴しながら歩いていると、制服の女子高生とすれ違った。2000年代初頭、自分も高校生だったのだが、ずいぶん遠くまで来てしまった気がする。

 援助交際という言葉が流行語大賞に入賞するのを子どものころから見聞きしてきたせいか、周りには大っぴらに売春する女の子たちがいた。

「ホ別でイチゴ、なんて安いよ、それだったらナシナシだね」

 風光明媚な観光地巡りを楽しむリュックサック姿の中高年の傍らで、そんな女子高生の会話が耳に入ってきたのを思い出す。

 通学で朝と夕方に乗る、山間部を行く電車内。全寮制の中学時代から、援交スポットに顔を出し、チャットや掲示板で専門用語も知っていた私は、彼女たちの隠語の意味がすぐに分かってしまった。ホテル代別で1万5000円、「ナシナシ」とはキスもフェラもなし、という意味だ。そして引き寄せられるように、彼女たちの輪に加わった。そこには偏差値の高い低いに関係なく、いろんな学校の生徒たちがいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る