<5>昼は高校で授業を受け夜はたまに風俗

公開日:  更新日:

 病院の廊下を点滴しながら歩いていると、制服の女子高生とすれ違った。2000年代初頭、自分も高校生だったのだが、ずいぶん遠くまで来てしまった気がする。

 援助交際という言葉が流行語大賞に入賞するのを子どものころから見聞きしてきたせいか、周りには大っぴらに売春する女の子たちがいた。

「ホ別でイチゴ、なんて安いよ、それだったらナシナシだね」

 風光明媚な観光地巡りを楽しむリュックサック姿の中高年の傍らで、そんな女子高生の会話が耳に入ってきたのを思い出す。

 通学で朝と夕方に乗る、山間部を行く電車内。全寮制の中学時代から、援交スポットに顔を出し、チャットや掲示板で専門用語も知っていた私は、彼女たちの隠語の意味がすぐに分かってしまった。ホテル代別で1万5000円、「ナシナシ」とはキスもフェラもなし、という意味だ。そして引き寄せられるように、彼女たちの輪に加わった。そこには偏差値の高い低いに関係なく、いろんな学校の生徒たちがいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る