<9>リンパ節の切除で左足がパンパンに腫れるように…

公開日:

「あ、そうだ、もう子宮はないんだった」と、何度も呟いている。おなかが痛むと、子宮のことを思い出す。子宮は摘出してしまったのに、たまに生理痛のような痛みが襲ってくるのだ。本当におなかが痛いのか、体が生理痛の記憶を再現しているだけなのか、私には区別がつかない。

 子宮と卵巣の摘出手術から、1年余りが経過したが、あまり実感がない。もともと月1回の生理によって、どうやらそこに子宮があるらしいぞ、と認識する程度だったし、摘出された子宮も見ていない。術後の私があまりに不安定だったからか、親族が見せてくれなかったのだ。聞いた話では、私の子宮は進行したがんで真っ黒になっていた。

 なくなったのは、子宮だけじゃない。2015年の10月、誕生日を目前にがんが発覚し、年明けすぐの手術で子宮のほか、卵巣、リンパ節40個(うち24カ所にがんは転移していた)が摘出された。子宮も卵巣も生命維持に必要な臓器ではない。リンパ節も何百個もあるうちの40個なのだけれども、摘出の後遺症が私の生活に影を落としている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る