• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<9>リンパ節の切除で左足がパンパンに腫れるように…

「あ、そうだ、もう子宮はないんだった」と、何度も呟いている。おなかが痛むと、子宮のことを思い出す。子宮は摘出してしまったのに、たまに生理痛のような痛みが襲ってくるのだ。本当におなかが痛いのか、体が生理痛の記憶を再現しているだけなのか、私には区別がつかない。

 子宮と卵巣の摘出手術から、1年余りが経過したが、あまり実感がない。もともと月1回の生理によって、どうやらそこに子宮があるらしいぞ、と認識する程度だったし、摘出された子宮も見ていない。術後の私があまりに不安定だったからか、親族が見せてくれなかったのだ。聞いた話では、私の子宮は進行したがんで真っ黒になっていた。

 なくなったのは、子宮だけじゃない。2015年の10月、誕生日を目前にがんが発覚し、年明けすぐの手術で子宮のほか、卵巣、リンパ節40個(うち24カ所にがんは転移していた)が摘出された。子宮も卵巣も生命維持に必要な臓器ではない。リンパ節も何百個もあるうちの40個なのだけれども、摘出の後遺症が私の生活に影を落としている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る