<9>リンパ節の切除で左足がパンパンに腫れるように…

公開日: 更新日:

「あ、そうだ、もう子宮はないんだった」と、何度も呟いている。おなかが痛むと、子宮のことを思い出す。子宮は摘出してしまったのに、たまに生理痛のような痛みが襲ってくるのだ。本当におなかが痛いのか、体が生理痛の記憶を再現しているだけなのか、私には区別がつかない。

 子宮と卵巣の摘出手術から、1年余りが経過したが、あまり実感がない。もともと月1回の生理によって、どうやらそこに子宮があるらしいぞ、と認識する程度だったし、摘出された子宮も見ていない。術後の私があまりに不安定だったからか、親族が見せてくれなかったのだ。聞いた話では、私の子宮は進行したがんで真っ黒になっていた。

 なくなったのは、子宮だけじゃない。2015年の10月、誕生日を目前にがんが発覚し、年明けすぐの手術で子宮のほか、卵巣、リンパ節40個(うち24カ所にがんは転移していた)が摘出された。子宮も卵巣も生命維持に必要な臓器ではない。リンパ節も何百個もあるうちの40個なのだけれども、摘出の後遺症が私の生活に影を落としている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る