セリナ
著者のコラム一覧
セリナ

1987年、長野県出身。私立トップの有名大卒。デリヘル「ロボットデリヘル」所属。歌舞伎町ナンバーワン風俗嬢。子宮がんが肺とリンパ節に転移し、現在ステージ3を闘病中。

<12>2年ぶりに戻ったSMクラブで規則正しい生活に

公開日: 更新日:

 たかが風俗嬢と、つくづく思う。お客はこっそりやってきて、やむにやまれぬ事情の女が相手をする、なんていうのはもう古い時代の話だけれど、それでもまともな世界じゃない。

 婚約者と別れた私は歌舞伎町の目と鼻の先、東新宿に安いアパートを借りて3カ月引きこもったあと、大学時代に勤めていたM嬢専門のSMクラブに復帰した。それしかなかったのかと聞かれれば、そんなことはなかった。田舎に帰って家業を継いだり、1年なり2年なり勉強して、大学院を目指したってよかった。そうせず自らまた体を売る世界に戻ったのは、まごうことなき私の選択で、風俗という病というか、この世界のキラキラから、結局逃れられなかったのだ。

 2年ぶりに戻ったお店は、女の子もスタッフもほとんど変わっていたけれど、たまに見知った顔もいた。たとえば私が以前勤めていたとき既にアラサーで、5年以上勤めていると言っていたお姉さん。SMクラブはお客も女の子も息が長い。復帰した私にも、かつての常連さんからの指名が入り、事情を聴くでもなく、久しぶりに会ったセックスフレンドのように遊んで帰っていった。プレーの癖も変わってなくて、なんだか安心した。そして昨日の続きのように、また風俗の日々が始まる。ばかみたいな話だけど、社会復帰のようだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  2. 2

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  3. 3

  4. 4

    案里議員認めた1億5000万円「安倍マネー」を原資に不正か

  5. 5

    夫婦別姓「結婚しなくていい」ヤジはやはり杉田水脈議員

  6. 6

    職場仲間である辛坊治郎のパワハラ疑惑について言いたい

  7. 7

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  8. 8

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  9. 9

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  10. 10

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る