セリナ
著者のコラム一覧
セリナ

1987年、長野県出身。私立トップの有名大卒。デリヘル「ロボットデリヘル」所属。歌舞伎町ナンバーワン風俗嬢。子宮がんが肺とリンパ節に転移し、現在ステージ3を闘病中。

<13>仏さまは地獄に落ちて初めて見える

公開日: 更新日:

 私が進行がんにかかっていると店のオーナー兼店長に打ち明けた時の事を思い出している。オーナーと私は2015年8月15日にロボットデリヘルを立ち上げた。

 たまたまだけど終戦記念日だったから、よく覚えている。オーナーは同年代で、この数年前に知り合い意気投合した。彼は三度の飯と同じくらい風俗が好きで、当時は毎日酒を飲んでは風俗へ通っていた。

「もっと気を使わずに遊べる風俗があったら、せめて嬢と喋るか喋らないか選べたらいいのに」なんて、くだを巻いていた。まったく気の小さい男だ。お金を払っているのだから、好きなように遊べば良いのに、いつも相手に気を使ってしまう。SMクラブで散々ひどい事を女の子にしたって全然満たされない。そういうところにいつの間に仲間意識が芽生えてしまった。

 そして立ち上げから看板キャストとして、ほぼ毎日働いて1年と少し経ったときだ。お店も何となく軌道に乗り、様々なメディアにも取り上げてもらい、さあこれからというタイミングで、がんが分かった。がんに良いタイミングなんて無いが、あまりにもタイミングが悪くて数日間言い出せなかった。考えに考えた結果何も思いつかず、結局ぶっつけ本番、事務所でピコピコ野球のゲームに熱中している彼に、軽いノリを装って言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    米倉涼子「ドクターX」打ち切り説 医療モノ“本家”に何が

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    「桜」名簿問題の責任転嫁に暗躍 菅長官の“懐刀”の名前

  4. 4

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  5. 5

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  6. 6

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  7. 7

    松屋で大人気「シュクメルリ」とオリジナルカレーの今後

  8. 8

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  9. 9

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

  10. 10

    白鵬の言動「恥ずべきこと」と八角理事長 広報部長も喝!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る