夫婦とも不倫をオープンに…既婚者同士の恋愛に新しい波

公開日: 更新日:

「夫や妻、父や母の役割を演じることにいっぱいいっぱいで、家庭にいても安らげないという人は増えています。家族なのにビジネスライクで、家の中でも仕事をこなしているようになっているから、心のよりどころを他に求めるのです。夫婦がともにそう感じていれば、話し合って決まりをつくり、オープンに不倫ができる。そんな家庭が出てきています」(秋山氏)

 一方で〈謝礼交際〉なるものも増えてきた。たとえば、高級住宅街、芦屋住まいの主婦のケース。本人は「主婦売春とは違う」と言い、男性が自発的に真心として渡してくれるものだと強調する。“謝礼”は要求しないし、現金とも限らない。デパートの商品券、バッグ、食事をごちそうしてくれるなど毎回違うそうだ。ただし、「謝礼があるから、意に沿わない性的プレーも受け入れる。割り切って楽しんでいます」と悪びれない。

「彼女たちは、金銭のやりとりがあれば不倫ではない、と主張します。主婦売春とみなされたらアウトだと思いますが……」(秋山氏)

 みんなあの手この手で相手を探しているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  2. 2

    ソフトBがメジャー1巡目指名19歳獲り 米有望株なぜ日本へ

  3. 3

    大混戦必至の参院東京選挙区 有力美人候補4人は全員当選か

  4. 4

    新天皇にもやるのか トランプ“ポンポン握手”に外務省恐々

  5. 5

    “マクロ経済スライド”で40代、50代の年金は今後どうなる

  6. 6

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  7. 7

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  8. 8

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  9. 9

    白血病新薬にケチ…命を費用対効果で語る麻生氏に批判殺到

  10. 10

    不快。大嫌い。しかし、こやつの話からわかったこともある

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る