夫は年末年始に要注意 妻には初恋相手との再会に強い願望

公開日:

 既婚者でも人肌が恋しい季節だ。年末や年始の同窓会で再会を期待する人は多い。「年末年始は特別です。“地元の友人と飲むから”と夫に説明して、初恋の相手と会うのも難しくありません。“地元の友人”というのもあながちウソではないので、罪悪感も少ないようです」と言うのは、男女問題に詳しい作家の加藤文果氏だ。

 ウエディングパークが20~30代の女性を対象に行った「初恋」に関する調査でも、2人に1人が「初恋相手と再会したい」と答えている。理由は「変わった私を見せたい」「初恋相手が最高だった」など。7割が相手のことを「時間をかけて好きになった」という。一目ぼれではないからこそ、いつまでも忘れられないのだろう。

「初恋の相手とは、プラトニックな関係だったケースも多いのです。小中学校の幼なじみだったりするとなおさらで、深く付き合ったとは限りません。それだけに、その後に交際した相手とは違う。何割か増しで美化されたイメージが残っているもの。魅力的だったという記憶が残っているのです。そんな相手と何十年かぶりに再会したときに、お腹が出ていたり髪が薄くなっていたりしても、カッコよく見える。雰囲気、会話、しぐさなどから当時の面影が垣間見えると、気持ちも過去に戻ってしまうのです」(加藤文果氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  10. 10

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

もっと見る