夫は年末年始に要注意 妻には初恋相手との再会に強い願望

公開日:

 既婚者でも人肌が恋しい季節だ。年末や年始の同窓会で再会を期待する人は多い。「年末年始は特別です。“地元の友人と飲むから”と夫に説明して、初恋の相手と会うのも難しくありません。“地元の友人”というのもあながちウソではないので、罪悪感も少ないようです」と言うのは、男女問題に詳しい作家の加藤文果氏だ。

 ウエディングパークが20~30代の女性を対象に行った「初恋」に関する調査でも、2人に1人が「初恋相手と再会したい」と答えている。理由は「変わった私を見せたい」「初恋相手が最高だった」など。7割が相手のことを「時間をかけて好きになった」という。一目ぼれではないからこそ、いつまでも忘れられないのだろう。

「初恋の相手とは、プラトニックな関係だったケースも多いのです。小中学校の幼なじみだったりするとなおさらで、深く付き合ったとは限りません。それだけに、その後に交際した相手とは違う。何割か増しで美化されたイメージが残っているもの。魅力的だったという記憶が残っているのです。そんな相手と何十年かぶりに再会したときに、お腹が出ていたり髪が薄くなっていたりしても、カッコよく見える。雰囲気、会話、しぐさなどから当時の面影が垣間見えると、気持ちも過去に戻ってしまうのです」(加藤文果氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る