厚労省データ ニコチン濃度測定結果に大いなる疑問

公開日:

 受動喫煙防止に向けた健康増進法改正案は、3月上旬にも閣議決定され、国会に提出される運びとなりそうだ。この改正案で、厚労省は加熱式たばこについても規制対象にしたが、世界には慎重な国もある。説明資料に、6カ国・地域の規制状況がまとめられている。それによると規制になっている国は韓国、イタリア、カナダ(バンクーバー市)で「たばこ製品に該当するため」というのが規制理由。英国、ロシア、ドイツ(ベルリン州)は規制対象外で、その理由は「科学的な根拠が十分でない」「受動喫煙の健康影響を研究する段階であるため」などとなっている。

 日本は「(加熱式たばこは)副流煙がほとんど発生しない」「受動喫煙による健康被害は明らかでない」としながら、「その煙にニコチン等の有害物質が含まれていることは明らか」として、規制対象としている。

 どうにも分かりにくい話だ。そこで補強するためなのか、「加熱式たばこに関する現時点での科学的知見」なるものを公表。①加熱式たばこ喫煙時の室内におけるニコチン濃度は、紙巻きたばこに比べ低い②加熱式たばこの主流煙には、紙巻きたばこと同程度のニコチンを含む製品もある③加熱式たばこの主流煙に含まれる主要な発がん性物質の含有量は、紙巻きたばこに比べれば少ないとしている。そのうえで、喫煙時の室内(換気のない狭い室内)におけるニコチン濃度の測定結果として、紙巻きたばこ(1000~2420μグラム/立方メートル)に比べ、加熱式たばこ(26~257μグラム/立方メートル)では低かったという数値を挙げている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る