• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

厚労省データ ニコチン濃度測定結果に大いなる疑問

 受動喫煙防止に向けた健康増進法改正案は、3月上旬にも閣議決定され、国会に提出される運びとなりそうだ。この改正案で、厚労省は加熱式たばこについても規制対象にしたが、世界には慎重な国もある。説明資料に、6カ国・地域の規制状況がまとめられている。それによると規制になっている国は韓国、イタリア、カナダ(バンクーバー市)で「たばこ製品に該当するため」というのが規制理由。英国、ロシア、ドイツ(ベルリン州)は規制対象外で、その理由は「科学的な根拠が十分でない」「受動喫煙の健康影響を研究する段階であるため」などとなっている。

 日本は「(加熱式たばこは)副流煙がほとんど発生しない」「受動喫煙による健康被害は明らかでない」としながら、「その煙にニコチン等の有害物質が含まれていることは明らか」として、規制対象としている。

 どうにも分かりにくい話だ。そこで補強するためなのか、「加熱式たばこに関する現時点での科学的知見」なるものを公表。①加熱式たばこ喫煙時の室内におけるニコチン濃度は、紙巻きたばこに比べ低い②加熱式たばこの主流煙には、紙巻きたばこと同程度のニコチンを含む製品もある③加熱式たばこの主流煙に含まれる主要な発がん性物質の含有量は、紙巻きたばこに比べれば少ないとしている。そのうえで、喫煙時の室内(換気のない狭い室内)におけるニコチン濃度の測定結果として、紙巻きたばこ(1000~2420μグラム/立方メートル)に比べ、加熱式たばこ(26~257μグラム/立方メートル)では低かったという数値を挙げている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る