• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

厚労省データ ニコチン濃度測定結果に大いなる疑問

 受動喫煙防止に向けた健康増進法改正案は、3月上旬にも閣議決定され、国会に提出される運びとなりそうだ。この改正案で、厚労省は加熱式たばこについても規制対象にしたが、世界には慎重な国もある。説明資料に、6カ国・地域の規制状況がまとめられている。それによると規制になっている国は韓国、イタリア、カナダ(バンクーバー市)で「たばこ製品に該当するため」というのが規制理由。英国、ロシア、ドイツ(ベルリン州)は規制対象外で、その理由は「科学的な根拠が十分でない」「受動喫煙の健康影響を研究する段階であるため」などとなっている。

 日本は「(加熱式たばこは)副流煙がほとんど発生しない」「受動喫煙による健康被害は明らかでない」としながら、「その煙にニコチン等の有害物質が含まれていることは明らか」として、規制対象としている。

 どうにも分かりにくい話だ。そこで補強するためなのか、「加熱式たばこに関する現時点での科学的知見」なるものを公表。①加熱式たばこ喫煙時の室内におけるニコチン濃度は、紙巻きたばこに比べ低い②加熱式たばこの主流煙には、紙巻きたばこと同程度のニコチンを含む製品もある③加熱式たばこの主流煙に含まれる主要な発がん性物質の含有量は、紙巻きたばこに比べれば少ないとしている。そのうえで、喫煙時の室内(換気のない狭い室内)におけるニコチン濃度の測定結果として、紙巻きたばこ(1000~2420μグラム/立方メートル)に比べ、加熱式たばこ(26~257μグラム/立方メートル)では低かったという数値を挙げている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

もっと見る