周来友
著者のコラム一覧
周来友ジャーナリスト、タレント

1963年、中国生まれ。87年私費留学生として来日、95年に東京学芸大学大学院を卒業。「週刊新潮」「週刊文春」などに中国事情について執筆するほか、「ここがヘンだよ日本人」(TBS系)、「なかよしテレビ」(フジテレビ系)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京系)などバラエティーやワイドショーにも出演。

「風俗店の経営者」になった中国卓球界のエリート選手

公開日: 更新日:

 小山ちれ。本名は何智麗。中国を代表する女子卓球選手である。国際試合で上層部の意図に反して世界一になったが、干されたために心機一転、日本人の夫と一緒に来日。帰化してから日本チームの一員として国際大会で中国選手に勝ち、頂点に立つ。それが原因で中国国内で強烈なバッシングを受けた。

 Yは彼女の練習相手だったのだ。

「1999年、小山さんの所属する池田銀行の卓球部に招聘され、離婚した妻に全財産を残して大阪に。1年契約で報酬は月30万円。平日午前9時から12時半、午後は15時半から20時まで、ひたすら卓球の練習をしました。ただ、同じことを毎日やっていると飽きがきます。退屈な寮生活に我慢できず、休日にひとりでウワサの歌舞伎町に来てみました。想像よりも面白くて楽しかった。若くてきれいな女の子がいっぱい! 僕は生まれて初めてお金で女性を買いました」

 かくして彼の“歌舞伎町人生”が始まった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    非情の巨人…高卒2年目・直江と山下に「育成」の生き地獄

もっと見る