• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

都民F 受動喫煙防止条例ヒアリング

 米朝首脳会談で大騒ぎだった12日、都議会の第2回定例会が開会し、国よりも厳しい規制内容の受動喫煙防止条例案が提出された。本会議の所信表明で小池百合子知事は条例案について「健康ファーストの政策」と大見えを切った。

 その数時間後、議事堂内で開かれた都民ファーストの会の「受動喫煙防止条例ヒアリング」が行われ、飲食7組合、浅草おかみさん会協同組合から「一律過度な規制には疑問を感じる。考慮してほしい」「地域の実情を無視した全面禁煙は納得できない」「経営が大変厳しくなる。配慮してほしい」など、条例案への反対論や、見直しを要望する声が相次いだ。

 都内飲食店の84%が規制対象となる骨子案発表以後、飲食組合は知事との意見交換、公開質問状提出、新宿駅周辺での200人規模のデモ行進を通じて、一律規制への反対を表明し、内容の緩和を求めてきた。しかし、6月5日に公表された条例案に要望はまったく反映されなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る