都民F 受動喫煙防止条例ヒアリング

公開日:  更新日:

 米朝首脳会談で大騒ぎだった12日、都議会の第2回定例会が開会し、国よりも厳しい規制内容の受動喫煙防止条例案が提出された。本会議の所信表明で小池百合子知事は条例案について「健康ファーストの政策」と大見えを切った。

 その数時間後、議事堂内で開かれた都民ファーストの会の「受動喫煙防止条例ヒアリング」が行われ、飲食7組合、浅草おかみさん会協同組合から「一律過度な規制には疑問を感じる。考慮してほしい」「地域の実情を無視した全面禁煙は納得できない」「経営が大変厳しくなる。配慮してほしい」など、条例案への反対論や、見直しを要望する声が相次いだ。

 都内飲食店の84%が規制対象となる骨子案発表以後、飲食組合は知事との意見交換、公開質問状提出、新宿駅周辺での200人規模のデモ行進を通じて、一律規制への反対を表明し、内容の緩和を求めてきた。しかし、6月5日に公表された条例案に要望はまったく反映されなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る