都民F 受動喫煙防止条例ヒアリング

公開日:  更新日:

 米朝首脳会談で大騒ぎだった12日、都議会の第2回定例会が開会し、国よりも厳しい規制内容の受動喫煙防止条例案が提出された。本会議の所信表明で小池百合子知事は条例案について「健康ファーストの政策」と大見えを切った。

 その数時間後、議事堂内で開かれた都民ファーストの会の「受動喫煙防止条例ヒアリング」が行われ、飲食7組合、浅草おかみさん会協同組合から「一律過度な規制には疑問を感じる。考慮してほしい」「地域の実情を無視した全面禁煙は納得できない」「経営が大変厳しくなる。配慮してほしい」など、条例案への反対論や、見直しを要望する声が相次いだ。

 都内飲食店の84%が規制対象となる骨子案発表以後、飲食組合は知事との意見交換、公開質問状提出、新宿駅周辺での200人規模のデモ行進を通じて、一律規制への反対を表明し、内容の緩和を求めてきた。しかし、6月5日に公表された条例案に要望はまったく反映されなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る