酔って寝る“のんべえ女子”許せる? 山崎世美子さんの見解

公開日: 更新日:

「一杯、おごるから、一緒に飲まない?」

 繁華街の酒場では、女性グループに声をかける男性が目につく。1954年の国税庁調査では、女性が飲酒する割合は13%だったが、08年には20代前半で9割を超え、女性が男性を逆転。社会進出とともに飲酒する女性が増え、そんなのんべえ女子に男性が吸い寄せられていく。

 今や女性の飲酒は定着していて、今年発表された厚労省の2016年「国民健康・栄養調査」によると、飲酒習慣(週3日以上、日本酒換算1合以上)のある女性は、5年前と比べてすべての年代で増えていて、ピークの40代は15.6%。約4ポイント増で、20代男性の1.5倍だ。

 うまくたしなめば、酒は百薬の長。ストレス発散で、男女関係はもちろん、仕事のパートナーとしての関係もスムーズになるだろうが、のんべえ女子が増えるにつれ、足元がおぼつかない困ったちゃんも見かける。のんべえ女子は困ったちゃんか、良きパートナーか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  5. 5

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  6. 6

    元小結・白馬毅さんに10年前の“八百長”疑惑を改めて聞いた

  7. 7

    突如「コロナ専門病院」発表で一般患者が追い出されている

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る