止まらぬキャバクラ化…身近で働く女性が擬似恋愛の対象に

公開日:  更新日:

 アイドル業界が、CDやグッズを買ったファン向けの握手会などで客を釣るのはよくあることだが、最近は“営業活動”が激化。業界関係者によると、握手だけではなくハグをさせたり、お酒の飲める席で横に座らせたりと必死で、中にはファンと連絡先を交換して、枕営業もどきの行為をしている子もいるそうだ。世の中、「キャバクラ化」が止まらない。

 シーズン真っ盛り、プロ野球の球場もキャバクラ化している。ビールの売り子はよく買ってくれる客の顔を覚えていて、「お代わり、どうですか?」などと“おねだり”する光景があちこちで見られる。

 まあ、野球を見るついでならまだいい。球場内を歩いていると、試合を見ずに、飲食コーナーの廊下で売り子と立ち話をしながら飲んでいる客も目につく。「それじゃあ、ガールズバーだろ!」とツッコミたくなるが、そんな男性をイラッとした目つきで睨みながら通り過ぎる純粋な野球ファンも少なからずいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る