止まらぬキャバクラ化…身近で働く女性が擬似恋愛の対象に

公開日:  更新日:

 アイドル業界が、CDやグッズを買ったファン向けの握手会などで客を釣るのはよくあることだが、最近は“営業活動”が激化。業界関係者によると、握手だけではなくハグをさせたり、お酒の飲める席で横に座らせたりと必死で、中にはファンと連絡先を交換して、枕営業もどきの行為をしている子もいるそうだ。世の中、「キャバクラ化」が止まらない。

 シーズン真っ盛り、プロ野球の球場もキャバクラ化している。ビールの売り子はよく買ってくれる客の顔を覚えていて、「お代わり、どうですか?」などと“おねだり”する光景があちこちで見られる。

 まあ、野球を見るついでならまだいい。球場内を歩いていると、試合を見ずに、飲食コーナーの廊下で売り子と立ち話をしながら飲んでいる客も目につく。「それじゃあ、ガールズバーだろ!」とツッコミたくなるが、そんな男性をイラッとした目つきで睨みながら通り過ぎる純粋な野球ファンも少なからずいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る