専門家が警鐘…女子中高生“SNS小遣い稼ぎ”の危ない手口

公開日:

 思いっきり遊びたい夏休み。だけどおカネがない――。そんなJC(女子中学生)やJK(女子高生)が、SNSを使った危険な小遣い稼ぎに走っている。元大阪産業大客員教授の八幡義雄氏(教育学)の実地調査で分かった。八幡氏が調査でつかんだ手口はこうだ。

 SNS上で金欠をつぶやき、自分の写真の購入を誘う。最初は顔を隠しているが、顔出しや全裸の「写真」を3000円程度で勧めてくる。電子決済で3000円を払うが、写真が来ない。催促すると「順番待ち」と返答。それでも来ないのできつめに催促すると「ブロック」されてしまうという。八幡氏は5回試みたが、5回ともブロックされたそうだ。

 八幡氏の調査によると、ツイッターには「金欠で困っているJKを助けてください」「ふたりだけの秘密にしようね」といった女子中高生の誘い文句がいくつもあるという。どうやら、だまされた客のほとんどは「額も額だし」と表沙汰にはしないようだ。JC、JKもそこを狙っているのだろう。八幡氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る