酔って寝る“のんべえ女子”許せる? 山崎世美子さんの見解

公開日: 更新日:

 男女問題研究家の山崎世美子氏が言う。

「40代の女性が飲酒を習慣化するのは、子供がいれば中学生に上がるくらいで、少しずつ自分の時間が持てるようになる時期です。働いている人なら、おカネもあります。そういう40代女性が、母や妻ではなく、一人の女性として扱われたくて酒場に出るのです。いい意味でのストレス発散ですが、それで勢い余ると、酔っぱらって困ったちゃんになります。誰しも困ったちゃんになり得ますが、見分け方はあります」

 どういうことか。

「酔って寝てしまうか、吐くまで飲み続けるかが、困ったちゃんかどうかの分岐点。寝る方は、実は良きパートナーの可能性があります」

 その心は?

「吐くまで飲んだり、介抱されたりすることが多い女性は、そもそも飲めるのです。ところが、ストレスが強く、ピッチを上げて許容量を超えて飲んでしまう傾向があります。寝るのは寝るので厄介ですが、ストレスはそれほど強くない。あるいは強くても、飲んでいるうちに解消されています。だからピッチがそれほどでもなく、ほどよい酔いが眠気を誘う。自分のコントロールという点では、寝る方が上で、良きパートナーの可能性があるのです」

 女性が飲むペースは要チェックか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    松坂は“腫れ物”に…古巣西武から聞こえるレジェンドの評判

  4. 4

    ソフトB復帰の城島氏 “権限なし長い肩書”はイチローが参考

  5. 5

    怠慢の安倍政権…中韓と新型肺炎対策“本気度”の差浮き彫り

  6. 6

    議員に立候補するなら資格審査の国家試験を受けさせよ

  7. 7

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  8. 8

    設楽vs大迫3.1東マラ対決 “五輪代表辞退”で勃発する大事件

  9. 9

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  10. 10

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る