「パパ活アプリ」の宣伝カーが堂々と原宿や渋谷を走る衝撃

公開日: 更新日:

「堂々とパパ活アプリの宣伝カーが走っている東京はやっぱりすごい」なんて声もネット上にはある。

 平日の昼下がり、パパ活アプリ「ペイターズ」を宣伝するアドトラックが東京・原宿かいわいを周遊している。

 きれいなモデルさんの顔の横には「パパ活アプリ女性会員数№1」の文字。場所柄、付近には外国人旅行客も大勢いるが、パパ活の意味を知ったら、ある意味、日本の“すごさ”を実感してもらえるに違いない。

 このアドトラックは今年5月ごろから原宿や渋谷、新宿で目撃情報が相次いでおり、ネット上では「円光(援交)助長しすぎてて笑うw」といった、もはや諦め気味のコメントもある。

 このペイターズは業界大手で知られ、「『夢を追いかける女性』と『応援する男性』をつなげるマッチングサービス」を展開中。男性会員は月額1万円の会費(長期で割引)を支払うが、約3割が年収2000万円以上のアッパーミドル層。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る