「パパ活アプリ」の宣伝カーが堂々と原宿や渋谷を走る衝撃

公開日: 更新日:

「堂々とパパ活アプリの宣伝カーが走っている東京はやっぱりすごい」なんて声もネット上にはある。

 平日の昼下がり、パパ活アプリ「ペイターズ」を宣伝するアドトラックが東京・原宿かいわいを周遊している。

 きれいなモデルさんの顔の横には「パパ活アプリ女性会員数№1」の文字。場所柄、付近には外国人旅行客も大勢いるが、パパ活の意味を知ったら、ある意味、日本の“すごさ”を実感してもらえるに違いない。

 このアドトラックは今年5月ごろから原宿や渋谷、新宿で目撃情報が相次いでおり、ネット上では「円光(援交)助長しすぎてて笑うw」といった、もはや諦め気味のコメントもある。

 このペイターズは業界大手で知られ、「『夢を追いかける女性』と『応援する男性』をつなげるマッチングサービス」を展開中。男性会員は月額1万円の会費(長期で割引)を支払うが、約3割が年収2000万円以上のアッパーミドル層。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  6. 6

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  7. 7

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  8. 8

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  9. 9

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  10. 10

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

もっと見る