不倫がバレたらどうする…妻にウソをつき抜くという選択肢

公開日: 更新日:

 大学や大企業の不祥事、政治家の失言、官僚のセクハラ……。

 この世はまさに謝罪だらけ。加えて最近は、大物芸能人の不倫謝罪会見が毎年のようにマスコミを賑わす。

 パッと振り返っただけでも、タレントのベッキー(2016年1月)、落語家の三遊亭円楽(同6月)、お笑いの宮迫博之(17年8月)、俳優の斉藤由貴(同)ら、何人もの顔が浮かぶ。だが、頭を下げた結果、うまく切り抜けたケースは意外に少ない。

 ベッキーは週刊誌発売当日に会見したが、メールのやりとりまで詳細に報じられて人間性を疑われ、レギュラーとCM約20本を失う羽目に。ダブル不倫の斉藤由貴も、手をつないだのは「やっぱり好意があったから」なんてバカ正直に答えてイメージダウン。謝罪は失敗した。

 それに比べて円楽師匠はうまかった。不倫を認めて言い訳はせず、記者に心境を聞かれて「東京湾を出ていった船と説きます」と。「その心は、コウカイ(後悔と航海をかけた)の真っ最中」――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  3. 3

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  6. 6

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  7. 7

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  8. 8

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  9. 9

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る