不倫がバレたらどうする…妻にウソをつき抜くという選択肢

公開日:

 大学や大企業の不祥事、政治家の失言、官僚のセクハラ……。

 この世はまさに謝罪だらけ。加えて最近は、大物芸能人の不倫謝罪会見が毎年のようにマスコミを賑わす。

 パッと振り返っただけでも、タレントのベッキー(2016年1月)、落語家の三遊亭円楽(同6月)、お笑いの宮迫博之(17年8月)、俳優の斉藤由貴(同)ら、何人もの顔が浮かぶ。だが、頭を下げた結果、うまく切り抜けたケースは意外に少ない。

 ベッキーは週刊誌発売当日に会見したが、メールのやりとりまで詳細に報じられて人間性を疑われ、レギュラーとCM約20本を失う羽目に。ダブル不倫の斉藤由貴も、手をつないだのは「やっぱり好意があったから」なんてバカ正直に答えてイメージダウン。謝罪は失敗した。

 それに比べて円楽師匠はうまかった。不倫を認めて言い訳はせず、記者に心境を聞かれて「東京湾を出ていった船と説きます」と。「その心は、コウカイ(後悔と航海をかけた)の真っ最中」――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る