• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

不倫がバレたらどうする…妻にウソをつき抜くという選択肢

 大学や大企業の不祥事、政治家の失言、官僚のセクハラ……。

 この世はまさに謝罪だらけ。加えて最近は、大物芸能人の不倫謝罪会見が毎年のようにマスコミを賑わす。

 パッと振り返っただけでも、タレントのベッキー(2016年1月)、落語家の三遊亭円楽(同6月)、お笑いの宮迫博之(17年8月)、俳優の斉藤由貴(同)ら、何人もの顔が浮かぶ。だが、頭を下げた結果、うまく切り抜けたケースは意外に少ない。

 ベッキーは週刊誌発売当日に会見したが、メールのやりとりまで詳細に報じられて人間性を疑われ、レギュラーとCM約20本を失う羽目に。ダブル不倫の斉藤由貴も、手をつないだのは「やっぱり好意があったから」なんてバカ正直に答えてイメージダウン。謝罪は失敗した。

 それに比べて円楽師匠はうまかった。不倫を認めて言い訳はせず、記者に心境を聞かれて「東京湾を出ていった船と説きます」と。「その心は、コウカイ(後悔と航海をかけた)の真っ最中」――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る