不倫がバレたらどうする…妻にウソをつき抜くという選択肢

公開日: 更新日:

 大学や大企業の不祥事、政治家の失言、官僚のセクハラ……。

 この世はまさに謝罪だらけ。加えて最近は、大物芸能人の不倫謝罪会見が毎年のようにマスコミを賑わす。

 パッと振り返っただけでも、タレントのベッキー(2016年1月)、落語家の三遊亭円楽(同6月)、お笑いの宮迫博之(17年8月)、俳優の斉藤由貴(同)ら、何人もの顔が浮かぶ。だが、頭を下げた結果、うまく切り抜けたケースは意外に少ない。

 ベッキーは週刊誌発売当日に会見したが、メールのやりとりまで詳細に報じられて人間性を疑われ、レギュラーとCM約20本を失う羽目に。ダブル不倫の斉藤由貴も、手をつないだのは「やっぱり好意があったから」なんてバカ正直に答えてイメージダウン。謝罪は失敗した。

 それに比べて円楽師匠はうまかった。不倫を認めて言い訳はせず、記者に心境を聞かれて「東京湾を出ていった船と説きます」と。「その心は、コウカイ(後悔と航海をかけた)の真っ最中」――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  5. 5

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  6. 6

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  7. 7

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  8. 8

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  9. 9

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  10. 10

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

もっと見る