双方に配慮…サッポロライオン全店舗の9割に喫煙所設置へ

公開日: 更新日:

 来年4月に完全施行される改正健康増進法、東京都受動喫煙防止条例への対策が飲食業界で急ピッチで進んでいる。

 家族連れの多いファミリーレストランやファストフード業界は全面禁煙が主流だが、サラリーマンにとって関心が高いのはお酒が伴う居酒屋やビアホールなどの対応だ。喫煙客が多い業態だけに、完全禁煙となったら愛煙家は行き場を失ってしまう。

 そうしたなか、全店舗の9割に喫煙スペースを設置するとの方針で対応を進めているのがサッポロホールディングスの外食子会社サッポロライオン(東京・渋谷)だ。

 同社は「銀座ライオン」「ヱビスバー」など全国に159店舗を展開する。「銀座ライオン」は都内だけで30店舗以上ある。受動喫煙防止問題が国会などで取り沙汰される以前から、完全分煙に取り組んできた。2015年には「ビヤホールライオン 銀座七丁目店」で喫煙スペースを設置して全席を禁煙とした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  9. 9

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  10. 10

    田中みな実に22年大河ドラマ内定報道 浮上した2つの不安

もっと見る