気鋭の哲学者に聞く グローバリズムと国家の相克<上>

公開日: 更新日:

立命館大学大学院 千葉雅也准教授 インタビュー

 1強政治、少子高齢化進行のひずみが顕在化する中で迎えた参院選。ネオリベラリズムの競争社会の中で、既得権益に守られた層と取り残された層の格差は拡大するばかり。日本はどうなってしまうのか。気鋭の哲学者・千葉雅也立命館大学大学院准教授を直撃した。

■ワンチャンにかける若者たちと国家の矛盾

 ――年金をはじめとする政治や社会システムへの不安、不満、世代間のあつれきが高まっています。既成政党へのあきらめや不信感も強い。そうした中、れいわ新選組のような新たな政党の動きが注目されています。

千葉 れいわ新選組は(前回の米大統領選民主党候補者選挙に挑戦した)米国のサンダース上院議員や英国のコービン労働党党首らの登場と連動した動きです。政治や社会が左右(イデオロギー)ではなく、上下(既得権益VS被搾取側)で分かれる構図になっている。日本もそうした状況に置かれているということです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  3. 3

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  4. 4

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  5. 5

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  6. 6

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  7. 7

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  8. 8

    銚子電鉄 袖山里穂さん<前>アイドル車掌は会社をどう見る

  9. 9

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

  10. 10

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

もっと見る