「全席禁煙化」で減益となるサイゼリヤの教訓

公開日: 更新日:

 今月10日に発表されたサイゼリヤの決算予想が波紋を広げている。2019年8月期の連結純利益を前期比9・3%減の46億円と発表した。従来予想は59億円(同16%増)だった。一転して、13億円も下回り、最終減益となる。

 その要因のひとつが、サイゼリヤが進めている全席禁煙化だ。報道では堀埜一成社長の「禁煙を先行的に実施した影響が出ている。学生が増える夏休みなどには客足の回復を見込めそうだ」というコメントが伝えられていた。

 客数の落ち込みはどれぐらいか。同社の月次報告によると、18年9月から19年2月期の既存店売上高は前年同期比1・8%減の98・2%。客数は2・1%減の97・9%となった。客単価は100・4%とわずかに上昇したが、喫煙客離れが響いたようだ。

 4月24日現在、サイゼリヤの1084店舗中、全席禁煙の店舗数は1000。全体の93%で取り組みが完了している。同社は「2019年9月の全店全席禁煙に向け、今後も順次展開致します」としている。喫煙者は完全にシャットアウトされてしまうのだろうか。その点を同社に問い合わせると、店舗内の喫煙室や屋外の喫煙コーナーは整備するとのことだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  9. 9

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  10. 10

    田中みな実に22年大河ドラマ内定報道 浮上した2つの不安

もっと見る