気鋭の哲学者に聞く グローバリズムと国家の相克<下>

公開日: 更新日:

立命館大学大学院 千葉雅也准教授 インタビュー

 ――グローバル化と国家による統制という話を具体的にお聞きしたいのですが。

千葉 近年、喫煙を規制、排除する動きが強化されていますが、これこそ象徴的なものです。一連の規制強化は表向きは健康を守るためとされ、医療費増大とも結び付けられています。しかし、根本には別のロジックがあります。ひとつは過酷なグローバル競争を生き残るには、無駄なく効率的なライフスタイルが要求されるので、嫌煙家らにとって“無駄で害のある”たばこ、喫煙は真っ先に切り捨ての対象となる。もうひとつは国家による統制。国家は国民を忠実な納税者にしておきたい。そのために国民の身体を管理して型にはめたい。それが公衆衛生に名を借りた喫煙規制、禁煙という形の統制になってきているのです。

 ――グローバル競争を生き残るための術、という考え方はビジネスマンとしては当たり前ということですか。就業時間内の禁煙もそうした考え方に基づくものですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  2. 2

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  3. 3

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  4. 4

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  5. 5

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  6. 6

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  7. 7

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  10. 10

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

もっと見る