“EDで早漏”20年前の2.5倍 最新調査で分かった中高年の実態

公開日: 更新日:

 男の“性春”を取り戻す――。EDを改善する夢の薬バイアグラの登場から20年あまり、ED治療薬はレビトラとシアリスがラインアップに加わり、バイアグラの後発薬も登場。重症の人には、ペニスに薬剤を注射する“奥の手”もあって、“復活の材料”は確実に増えたが、最新の調査では意外な事実が明らかになっている――。

 常に十分な勃起ができない、また維持もできない「完全型ED」の有病者数は約644万人で、21年前に比べて約2・5倍に増えている。昨年末、そんな調査結果を公表したのは、ED専門医院の浜松町第一クリニックだ。

 20~79歳の男性2000人を対象に、インターネットでEDの実態を調査。その集計結果を日本の男性人口に当てはめて解析したという。時々、十分な勃起があって、維持もできる「中等度型ED」は約660万人で、大抵は十分に勃起できて維持もできる「軽度型ED」は約1238万人に上る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    娘の誕生日ケーキ代を払ってくれた謎の女性の伝言に号泣!

  3. 3

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  4. 4

    白井聡氏 75年前の失敗のツケを我々の手で清算しなければ

  5. 5

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  6. 6

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  7. 7

    どケチ政権が! コロナ対策費に志位委員長「小さすぎる」

  8. 8

    安倍首相が疑惑の大手IT社長と会食で「世論操作か」の声

  9. 9

    フェイク・タンを塗ったまま授乳…赤ちゃんの写真が拡散!

  10. 10

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る