消費税アップに続き…一体何のための「たばこ増税」なのか

公開日: 更新日:

 10月1日からたばこ税の税率が引き上げられる。これは2018年の税制改正で決まったもので、国及び地方のたばこ税の税率を1本当たり3円(1箱当たり60円)引き上げる内容。ただし、消費者や葉タバコ農家、たばこ小売店などへの影響を配慮し、18年10月、20年10月、21年10月と実施時期を3回に分け、それぞれ1本当たり1円の引き上げを行うということになっている。店頭では1箱50円の値上げとなるケースが多い。昨年の消費税アップに続く増税だ。

「またか!」

 愛煙家はそう愚痴りながらも、少しでも支出を抑えようと増税直前にカートン買いに走る。毎度おなじみの光景が各地で見られた。

 しかし、度重なるたばこ増税は、何とも腑に落ちない。そもそも、たばこは他に例を見ない、税負担が重い商品だ。1箱490円のたばこを例に見ると、国たばこ税、地方たばこ税、たばこ特別税、消費税をあわせた税負担合計は309・43円。なんと63・1%にもなる。ビールの48・4%、ガソリンの47・3%と比べても、その突出ぶりは歴然だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  2. 2

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  3. 3

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  4. 4

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  5. 5

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  6. 6

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  7. 7

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  8. 8

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  9. 9

    小池知事“ひとり相撲”で泥縄の大誤算…情弱で対応周回遅れ

  10. 10

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

もっと見る