どこが景気回復? 日銀短観「先行き」はドシャ降り

公開日: 更新日:

 日銀が16日、発表した短観では、大企業の景況感がプラス16となり、「6年ぶりの高水準」と大新聞は書いていた。中小企業も製造業が前回比10ポイント上昇でプラス1に、非製造業も5ポイントアップでプラス4。揃ってプラスになるのは22年ぶりとかで、菅官房長官は「景気回復の動きが中小企業にも見られ始めている」と自画自賛していたが、これはウソだ。インチキ政府発表とそれをタレ流す大メディアは犯罪的ですらある。

 確かに短観で並べられた数字は前回9月の調査よりは改善した。しかし、これらの数字はすべて現在の景況感で、日銀短観とは先行き(3カ月後)を見るのがポイントなのだ。そこに目を転じると、軒並み下方修正なのである。

アベノミクスは終わった

 まず、大企業製造業の景況感は、現在がプラス16だが先行きは14に。非製造業はプラス20から17に。中堅企業の製造業は6→3。非製造業は11→10。中小企業の製造業は1→マイナス1。非製造業は4→1。ほぼ全業種で、先行きの見通しが暗くなっているのがわかる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  3. 3

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  6. 6

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  7. 7

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  8. 8

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

  9. 9

    組織委の露骨な人種差別発覚! アフリカ人パフォーマーの開会式出演を排除していた

  10. 10

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

もっと見る