どこが景気回復? 日銀短観「先行き」はドシャ降り

公開日: 更新日:

 日銀が16日、発表した短観では、大企業の景況感がプラス16となり、「6年ぶりの高水準」と大新聞は書いていた。中小企業も製造業が前回比10ポイント上昇でプラス1に、非製造業も5ポイントアップでプラス4。揃ってプラスになるのは22年ぶりとかで、菅官房長官は「景気回復の動きが中小企業にも見られ始めている」と自画自賛していたが、これはウソだ。インチキ政府発表とそれをタレ流す大メディアは犯罪的ですらある。

 確かに短観で並べられた数字は前回9月の調査よりは改善した。しかし、これらの数字はすべて現在の景況感で、日銀短観とは先行き(3カ月後)を見るのがポイントなのだ。そこに目を転じると、軒並み下方修正なのである。

アベノミクスは終わった

 まず、大企業製造業の景況感は、現在がプラス16だが先行きは14に。非製造業はプラス20から17に。中堅企業の製造業は6→3。非製造業は11→10。中小企業の製造業は1→マイナス1。非製造業は4→1。ほぼ全業種で、先行きの見通しが暗くなっているのがわかる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  9. 9

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  10. 10

    木村一八「松本人志の“横山やすしネタ”に激怒」の真相語る

もっと見る