乱高下市場にトドメ…10月末「1万4000円割れ」の恐怖

公開日: 更新日:

 株式相場は10月末に危機的状況に陥る――。市場関係者の顔色が変わり始めた。

「本来、月末は機関投資家が保有株の資産価値を高めるため、大量の買い注文を出し、意図的に株価をつり上げます。いわゆる『お化粧買い』の色合いが濃くなるのですが……」(ちばぎん証券アナリストの安藤富士男氏)

 しかし、今年7月、8月、9月の月末(最終営業日)は3カ月連続で、“相場の常識”に反して前日比マイナスで引けた。日銀やGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)による株価維持策が官製相場を出現させ、「市場原理をゆがめたため」(証券アナリスト)といわれる。今年1~9月を見ても3勝6敗と、下落が圧倒的に多かった。月末高という常識はアベ官製相場で崩れてしまったのだ。

「しかも10月は乱高下が激しい。どこまで下がるか。空恐ろしさを感じます」(市場関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  7. 7

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  8. 8

    「テセウスの船」好調の裏で…上野樹里“主役食い”の懸念

  9. 9

    借金はないが…今は資金もなく「静かに暮らす」日々

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る