上場3カ月で赤字転落…「gumi」國光宏尚社長の“虚言癖”

公開日: 更新日:

「ゲームで世界一になります」「時価総額8兆円を目指す」と大風呂敷を広げて上場前に128億円を集めた男は、トンだ食わせ者だったらしい。昨年12月18日に東証1部に上場したゲーム会社「gumi」の社長・國光宏尚氏(41)だ。

 上場から3カ月で、今年4月期の業績見通しを13億円の黒字から4億円の赤字に下方修正。1月30日に30億円を無担保で借り入れていたことも、“後出しジャンケン”で判明した。先週末には希望退職や資産売却も発表したため、同社株は一時、公募価格の62%減まで売り込まれた。ネットの寵児の転落は、ロイターが世界に配信する騒ぎになっている。

 時価総額8兆円は、JT、ソフトバンク、NTTに肩を並べる。新興企業が狙えるレベルじゃない。なぜ、こんな“虚言癖”がまかり通るのか。

「自分を美化するのがうまいんです。今年2月号のフォーブスジャパンでは、ツイッターが飛躍の足掛かりになったイベントを引き合いに出し、創業の経緯を語っています。『それ(ツイッター)を見て“おおっ”と思ったんです。これからは人中心のソーシャルウェブが来ると。これを先にモバイルでやれば、勝てる』と。ところが、今の本業はソーシャルウェブではなく、ゲーム。そのブレについて、『“俺はここに賭ける”というのはブレていないんです』と精神論でゴマカすありさまです」(業界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る