セーラー万年筆「社長追放クーデター」双方の言い分は?

公開日: 更新日:

 セーラー万年筆の社長追放クーデターが泥沼化している。

 セーラーが代表取締役社長で、大蔵省主計局次長などを歴任した中島義雄氏(73)に社長辞職を迫ったのは12月11日の社内取締役会。中島氏が拒否したため、12日の定時取締役会で、中島氏を解職した。つまり、社内クーデターである。

 そうしたら、中島氏が「社長解職の決議は無効」と法的措置を取ることを表明、先週末には東洋経済オンラインのインタビューにも応じ、自身の正当性を訴えた。これにセーラー側が再反撃。「代表取締役の異動の経緯に関するご説明」という文章をHP上にアップし、どろどろの内幕を明かしたうえで、この間の手続きに瑕疵がないことを強調。ヘタなドラマよりも面白い展開になっているのだが、さあ、どっちに分があるのか?

 セーラー側が主張する社長解職理由は3つだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  4. 4

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  9. 9

    志村けんさんの“サービス精神”女性に使った金額を尋ねたら

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る