巨人vs清武氏の“不毛な内輪モメ”のワリを食った大物OB

公開日: 更新日:

 2011年から3年もの長期にわたる泥沼裁判は、たった「160万円」で決着した。

 11年11月に球団代表を解任された清武英利氏(64)と巨人側が互いに損害賠償などを求めた訴訟の判決で東京地裁は昨18日、清武氏に計160万円の賠償を命じた。

 巨人の渡辺恒雄最高顧問(88=当時・球団会長)が「10人の最高級弁護士」と評した弁護団を擁し、「オレは法廷闘争で負けたことがない」と豪語していた通りの勝訴。会見した桃井球団会長は「3年戦って1億円の請求が130万円と30万円。でもそれは金額の問題ではない」と話したのに対し、清武氏も「一個人に1億円という破格の損害賠償を求められて驚いたが、判決は160万円。巨人側の主張の大半は否定された」とこちらも胸を張ってアピールしたが、図らずも両者が口にした賠償額が、この訴訟合戦の“価値”を示しているのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  5. 5

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

  10. 10

    小室圭さん突然文書を発表…“言い訳&反論”でケジメなるか

もっと見る