人不足&高齢化で争奪戦も パイロットの笑いが止まらない

公開日: 更新日:

 業界だって手をこまねいているわけじゃない。国交省は昨年4月から、旅客機パイロットの年齢制限を64歳→67歳に引き上げている。ちなみに、96年には62歳だった。

「要するに“定年延長”で人材を確保しようというわけで、67歳でも追いつかず、70歳まで延ばそうという話も出ているようです。ベテランを活用すること自体、悪い話ではありませんが、本音を言えば、どの航空会社も若くて健康なパイロットを使いたい。どうなるかといえば、30~50代のパイロットは高年収の大手航空会社に集中。一方で、格安のLCCはシルバーパイロットばかりになる。大手とLCCのパイロットでは2倍以上の年収格差があるので、仕方ないでしょう」(大手航空会社パイロット)

 別の心配もある。

「企業コンプライアンスの時代に、パイロットとCAの不倫なんて、とてもとても……コスト削減もあって、滞在先のホテルも別々です。ただ、シルバーパイロットは古き良き時代を知っている。間違いを起こさなければいいのですが」(別のパイロット)

 それだけ元気なら安心だけど。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  3. 3

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  4. 4

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  5. 5

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  6. 6

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  7. 7

    西武選手も合コン…海外日本人選手との“コロナ温度差”は何

  8. 8

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  9. 9

    会見でいい加減なことを口走る安倍首相をたしなめないのか

  10. 10

    高橋理事に五輪招致9億円受領報道「死ぬ前に話してやる」

もっと見る