アシアナ機失敗の広島空港も設置 最新鋭「誘導装置」の死角

公開日: 更新日:

 韓国のアシアナ航空機着陸失敗事故が起きた広島空港には、国内で最も精度の高い「計器着陸装置(ILS)」が設置されていた。ところがあわや大惨事、乗員乗客27人が負傷した。機械頼みで事故は防げない。

 ILSは着陸中の航空機に電波を発射し、悪天候で視界不良のときでも安全に滑走路に誘導する装置のこと。

「全国64カ所、ジェット機が運航している空港には、ほぼ設置されています。山間部にある広島空港のように天候が急変しやすい空港では、ILSでもより精度の高い『カテゴリー3』が使われています」(国交省管制技術課担当者)

 ちなみに、カテゴリー3が置かれているのは、北から釧路、新千歳、青森、成田、中部国際、広島、熊本の7空港だ。それに次ぐ精度のカテゴリー2は、羽田、中部国際、関西の3空港となっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  7. 7

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る