アシアナ機失敗の広島空港も設置 最新鋭「誘導装置」の死角

公開日:  更新日:

 韓国のアシアナ航空機着陸失敗事故が起きた広島空港には、国内で最も精度の高い「計器着陸装置(ILS)」が設置されていた。ところがあわや大惨事、乗員乗客27人が負傷した。機械頼みで事故は防げない。

 ILSは着陸中の航空機に電波を発射し、悪天候で視界不良のときでも安全に滑走路に誘導する装置のこと。

「全国64カ所、ジェット機が運航している空港には、ほぼ設置されています。山間部にある広島空港のように天候が急変しやすい空港では、ILSでもより精度の高い『カテゴリー3』が使われています」(国交省管制技術課担当者)

 ちなみに、カテゴリー3が置かれているのは、北から釧路、新千歳、青森、成田、中部国際、広島、熊本の7空港だ。それに次ぐ精度のカテゴリー2は、羽田、中部国際、関西の3空港となっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  2. 2

    金銭より年数で…FA浅村の楽天入りは“ゆとり世代”ならでは

  3. 3

    特捜部を待つゴーンの徹底抗戦 “人質司法”には絶対屈しない

  4. 4

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  5. 5

    清水国明は68歳で第5子 芸能界“高齢パパ”の気になる共通項

  6. 6

    先輩2人が大減俸…オリFA西「2度目の交渉」は別れの挨拶か

  7. 7

    提示は5億円減 オリ金子「自由契約ある」で巨人入り怪情報

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  10. 10

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

もっと見る