利回り3%超を厳選 年度末相場は「高配当21銘柄」で稼ぐ

公開日: 更新日:

 マイナス金利時代に少しでも資産を増やすには、株式投資がピッタリだ。

「株式市場は年度末(3月末)に向けて株高になることが多い。ここへきて市場は落ち着いてきたし、今年も上昇傾向になるとみています」(株式評論家の杉村富生氏)

 14日、日経平均は3連騰となり、兜町は「月末の1万8000円が見えてきた」と騒ぎ始めている。

 この波に乗れば、ちょっとした小遣い稼ぎは夢じゃない。どんな銘柄を狙えばいいか。

「このタイミングで投資するなら、3月に権利が確定する高配当銘柄がオススメです。安値圏に放置されている個別銘柄はたくさんあるし、上場企業の約600社が配当利回り3%を超えています。マイナス金利が悪材料となっているメガバンク株も狙い目でしょう」(証券アナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  5. 5

    香取慎吾オワコン化「アノニマス」打ち切り危機で酷評の声

  6. 6

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  7. 7

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  8. 8

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

  9. 9

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  10. 10

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

もっと見る