利回り3%超を厳選 年度末相場は「高配当21銘柄」で稼ぐ

公開日: 更新日:

 マイナス金利時代に少しでも資産を増やすには、株式投資がピッタリだ。

「株式市場は年度末(3月末)に向けて株高になることが多い。ここへきて市場は落ち着いてきたし、今年も上昇傾向になるとみています」(株式評論家の杉村富生氏)

 14日、日経平均は3連騰となり、兜町は「月末の1万8000円が見えてきた」と騒ぎ始めている。

 この波に乗れば、ちょっとした小遣い稼ぎは夢じゃない。どんな銘柄を狙えばいいか。

「このタイミングで投資するなら、3月に権利が確定する高配当銘柄がオススメです。安値圏に放置されている個別銘柄はたくさんあるし、上場企業の約600社が配当利回り3%を超えています。マイナス金利が悪材料となっているメガバンク株も狙い目でしょう」(証券アナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  4. 4

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  7. 7

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  8. 8

    嵐・櫻井翔の“秘密情報”ダダ漏れ裏に熱狂「裏アカ」の存在

  9. 9

    ノートのコピーが自らの首を締め…功名心に負けた阪神時代

  10. 10

    “犬猿の仲”の本当の関係 野村監督は長嶋監督嫌いだった?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る