GPIF「5兆円」投入か 3月“ドレッシング相場”で狙う銘柄

公開日: 更新日:

 年初から乱高下が続く兜町が、今度は「期待」で騒がしくなってきた。

「年度末(3月末)に向け、日経平均がグングン上昇しそうなのです。例年、企業決算の集中する年度末は株高傾向になりますが、今年はひと味違う。1万8000円を超えてくる可能性があります」(市場関係者)

 “クジラ”のひとつ、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が本格的に動きだすともっぱらなのだ。クジラとは巨額資金を株式市場で運用する投資家で、GPIFのほか、日銀や共済年金、かんぽ生命などを指す。

 GPIFは約140兆円を運用するクジラの中のクジラ。昨年7~9月に約7.9兆円の運用損を出し批判が渦巻いた。

「GPIFの9カ月間(15年4~12月)の運用状況はマイナス5108億円です。残る16年1~3月で少なくとも損失額と同程度の利益を出さないと、年間(15年度)でマイナスに転落します。これは避けたいでしょう」(ちばぎん証券アナリストの安藤富士男氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  2. 2

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  3. 3

    黒島結菜が22年NHK朝ドラ主演 ラブコメに起用されない理由

  4. 4

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  5. 5

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  6. 6

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

  7. 7

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  8. 8

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  9. 9

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

  10. 10

    香川真司がギリシャで“戦力外”の深層 移籍7試合目で初先発

もっと見る