新年度市場は波乱の幕開け 大荒れ相場で化ける「21銘柄」

公開日: 更新日:

 波乱の幕開けとなった新年度の株式市場。1日、日経平均は一時600円以上も下落すると、週明け4日の終値も40円安と5日続落。市場からは「1万5000円の攻防も十分にあり得る」という見方が浮上してきた。

「1日公表の日銀短観を見て、日本経済は減速より悪い“失速”という印象を受けた。相場はしばらく低迷するでしょう」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 日経平均はダメでも、個別株を丹念に物色すれば、値上がり期待の持てる銘柄はある。

「2015年度は日経平均が2448円下落するなど、相場全体は悪かったが、株価が何倍にもなった銘柄は存在します。『グローバルワーク』などのブランドを持つ衣料のアダストリアや、不動産情報サイトを手掛けるネクストは2倍以上になったし、医薬品のペプチドリームは3倍です。今年度は大荒れスタートですが、キラリと光る銘柄は必ずあります」(証券アナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  3. 3

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  4. 4

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  5. 5

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  6. 6

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  7. 7

    菅首相「大きなうねりではない」頭の中はコロナより外遊

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    日本人6割が感染 カリフォルニア由来の変異株どこまで危険

  10. 10

    中村吉右衛門 一時心肺停止も千両役者に引退の二文字なし

もっと見る