新年度市場は波乱の幕開け 大荒れ相場で化ける「21銘柄」

公開日: 更新日:

 波乱の幕開けとなった新年度の株式市場。1日、日経平均は一時600円以上も下落すると、週明け4日の終値も40円安と5日続落。市場からは「1万5000円の攻防も十分にあり得る」という見方が浮上してきた。

「1日公表の日銀短観を見て、日本経済は減速より悪い“失速”という印象を受けた。相場はしばらく低迷するでしょう」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 日経平均はダメでも、個別株を丹念に物色すれば、値上がり期待の持てる銘柄はある。

「2015年度は日経平均が2448円下落するなど、相場全体は悪かったが、株価が何倍にもなった銘柄は存在します。『グローバルワーク』などのブランドを持つ衣料のアダストリアや、不動産情報サイトを手掛けるネクストは2倍以上になったし、医薬品のペプチドリームは3倍です。今年度は大荒れスタートですが、キラリと光る銘柄は必ずあります」(証券アナリスト)

■鴻海傘下のシャープは“買い”

 どこに狙いを定めればいいか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  2. 2
    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

  3. 3
    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

  4. 4
    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

  5. 5
    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  1. 6
    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

  2. 7
    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

  3. 8
    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

  4. 9
    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

  5. 10
    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず

    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず