予測リポート乱立 優良企業20社に衆院選挙の株安リスク

公開日: 更新日:

 総選挙に絡んだ「株価予測リポート」が相次いで出されている。

「注目高まる教育無償化の関連銘柄」や「希望の党は株式市場の味方か」など、視点はさまざまだが、とりわけ話題になっているのが、ゴールドマン・サックス証券(GS)の「総選挙のシナリオと株式市場へのインプリケーション(影響)」だ。

■自公敗北で「買うべき銘柄」との見方も

 GSは、「自公で過半数」「希望・維新で過半数」「自公、希望・維新とも過半数に届かず」の3つのシナリオを想定した。

「最も興味深いのは自公で過半数に届かなかった場合です。与党が過半数を割ることはないという安易な考えは危険です。少なくとも、海外人投資家は与党敗北を念頭に置いて行動しているのです」(市場関係者)

 与党が負けると、アベノミクスは終焉を迎え、市場に不透明感が漂う。日本市場から外国人投資家が一気に引きあげかねない。GSは、「安倍首相の退陣につながるシナリオは外国人投資家の売りが懸念される」とし、外国人持ち株比率の高い銘柄をピックアップ。株価調整に備えるべきだと指摘している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  2. 2

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  3. 3

    菅総理は「ご飯論法」にさえなっていない 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

  4. 4

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

  5. 5

    白鵬の五輪無断観戦は完全アウト! 焦点は協会が下す「処分の内容」だ

  6. 6

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  7. 7

    AKB48“未婚の初代神7”小嶋陽菜 ゴールインは大島優子の結婚報道でむしろ「遠のいた」

  8. 8

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  9. 9

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  10. 10

    常識で考えろ! 安倍前首相「不起訴不当」が意味するもの

もっと見る