4日連続高値更新 プロが教える解散相場の買い時&売り時

公開日: 更新日:

 兜町が活気づいている。日経平均(終値)は、5日まで4日連続で年初来高値を更新し、2万628円まで上昇。約2年ぶりの高値圏に突入した。

 10月に入って市場の流れは明らかに変わった。10.22総選挙は「自公、希望、立憲民主の三つ巴」だ。これが株高要因だというのだ。

「安倍VS小池の一騎打ちが消えたことで、自公勝利は濃厚です。アベノミクスは継続し、日銀の黒田総裁も続投でしょう。金融緩和は続き、円安、株高の流れが加速することになります」(証券アナリスト)

 大和証券は10月2日発行のマンスリーリポートで、10~12月の日経平均を2万2000円と予想した。上昇余地はたっぷりあるが、「買い時」は難しい。

「狙い目は今週末から、来週頭にかけてです。来週10日は北朝鮮の朝鮮労働党創建記念日で、ミサイル発射が懸念されます。市場は神経質になり、いったん株安に振れるかもしれません。ここが『買い時』です」(株式評論家の倉多慎之助氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  3. 3

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    テレ朝「七人の秘書」“闇の仕置き人”の最終決戦が見ものだ

  6. 6

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  7. 7

    伊藤健太郎ひき逃げ事件の余波…“空席”を埋める3人の俳優

  8. 8

    伊藤健太郎以外も…呪われた「とんかつDJアゲ太郎」の後味

  9. 9

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  10. 10

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

もっと見る