森友問題でアベクロ崩壊…日銀・黒田総裁が超円高リスクに

公開日: 更新日:

 森友文書の改ざん問題が、企業業績を直撃するかもしれない。

「円高が心配になってきました。森友問題は安倍政権を揺るがし、内閣総辞職だってあり得るでしょう。安倍退陣となると、“アベクロ”で知られる日銀の黒田総裁のクビも危うくなります。退任の理由はどうあれ、日銀総裁の交代は金融緩和の方向転換を意味します。海外投資家は金融緩和が終わると判断しかねません。そうなると、間違いなく円高になります」(市場関係者)

 黒田総裁の任期は4月8日までだが、事実上の続投が決まっている。ただ安倍退陣となれば、任期途中でも黒田退任は濃厚になってくる。

 財務省が森友文書の改ざんを認めた今週12日、為替相場は変調をきたした。市場は“麻生辞任→政局混乱”を感じ取り、リスク回避の動きが加速。安全資産といわれる円が買われ、1円近く円高(1ドル=106円台前半)に振れたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  4. 4

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  5. 5

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  6. 6

    ICU闘病も…志村けんさんコロナ陽性から1週間で帰らぬ人に

  7. 7

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  8. 8

    外出禁止で爆発寸前…プロ野球選手がぼやく自宅待機の現況

  9. 9

    日米球界コロナ禍 値切られる入札選手と20億円失うマー君

  10. 10

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

もっと見る