シリア情勢緊迫で市場反応…「戦争銘柄」逆行高のキナ臭さ

公開日: 更新日:

 中東情勢の緊迫化が、市場を揺さぶっている。化学兵器の使用疑惑が持ち上がったシリアのアサド政権に対し、トランプ米大統領は軍事行動に――。

「地政学リスクが急浮上しています。北朝鮮リスクが後退した途端に、シリア問題が降って湧いた感じです。市場は神経質な動きとなっています」(市場関係者)

 12日、日経平均は前日比マイナスで引けた。ところが、いわゆる“戦争銘柄”は逆行高を演じたのだ。機雷や地雷で知られる石川製作所は前日比でプラス6・2%の2360円(終値)。小銃や火器の豊和工業は2・8%アップの1245円だった。

 照明弾の細谷火工はプラス3・0%、防毒マスクの重松製作所はプラス6・0%、防弾チョッキ用の繊維を扱う北日本紡績も2・6%アップだ。日経平均がマイナスで引けただけに、戦争銘柄は異様な盛り上がりを見せたことになる(別表参照)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  5. 5

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  6. 6

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  7. 7

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  8. 8

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  9. 9

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

  10. 10

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

もっと見る