Spectee村上建治郎CEO<2>野茂メジャーデビューで渡米決意

公開日: 更新日:

 1995年1月17日、阪神・淡路大震災が起きた時、村上は関西の私立大1年生だった。

「神戸市の本山第三小学校の校庭にテントを張って、そこで3、4カ月ほどずっと、ボランティア活動をやっていました。大学には行かず、下宿先も引き払ってテント暮らしをしていたんです。避難所は被災者のためのものですからね。春になって、少しずつですが状況も落ち着いてきて、そろそろ大学に戻るかとなったんですが、その頃には燃え尽き症候群みたいになってしまって……」

 テント暮らしに区切りをつけ、大阪で新しい下宿先も見つけた。

「理工学部の物理学科にいたんですが、大学に戻って何かをやろうというモチベーションが上がってこなかったんです」

 それでも大学と被災地を行ったり来たりの生活を続けていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  7. 7

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

  8. 8

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  9. 9

    ゆきぽよ“安倍批判”に賛同の声 若者の政治意識は変わるか

  10. 10

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

もっと見る