中西文行
著者のコラム一覧
中西文行

法政大学卒業後、岡三証券入社。システム開発部などを経て、岡三経済研究所チャーチスト、企業アナリスト業務に従事。岡三インターナショナル出向。東京大学先端技術研究所社会人聴講生、インド政府ITプロジェクト委員。SMBCフレンド証券投資情報部長を経て13年に独立。現在は「ロータス投資研究所」代表。

コンビニ24時間営業見直し本格化で社会インフラが大変革

公開日: 更新日:

 私は平日の深夜2時ごろ、よくドライブする。地方の国道、県道沿いの24時間営業コンビニは、都心では想像もつかない陸上競技グラウンドのような広い駐車場がある。運転手が仮眠中の大型トラックや、自家用車が目立つ。まさにコンビニは「社会インフラ」、ドライバーのオアシスだと実感する。

 このオアシスに変化が起きようとしている。「過労死防止」などを掲げた「働き方改革」に呼応したかのように大手コンビニは、24時間営業の見直しを本格化し始めたからだ。最大手のセブン―イレブン・ジャパンは、一部直営店舗で店名どおりの午前7時から午後11時までなどの営業時間の短縮実験を始めた。きっかけは、人手不足で学生などの確保が困難だからだという。都会の店舗は、同業他社や深夜営業のスーパー、ドラッグストアなどとの商圏競合も激化している。ましてや10月の消費税増税に伴う軽減税率の導入でレジ処理の煩雑さが増えるからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  6. 6

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  7. 7

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  8. 8

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  9. 9

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  10. 10

    「我慢できない」は嘘 矢野監督よ虎ファンを見くびるな!

もっと見る