重道武司
著者のコラム一覧
重道武司経済ジャーナリスト

1957年鳥取県倉吉市生まれ。84年フジサンケイグループ傘下の経済紙「日本工業新聞」(現フジサンケイビジネスアイ)の記者となり、千葉支局を振出しに鉄鋼、自動車、総合電機、財界、金融、エネルギー(電力・石油・ガス)などの業界を担当。2000年外資系通信社に転じた後、02年からフリーに。得意分野は通信社時代を含めて在籍足掛け7年にも及んだ日銀記者クラブ時代に人脈を培った金融。自動車業界にも強い。

マツキヨvsスギ ドラッグストア再編「ココカラ」の行方は

公開日: 更新日:

 果たしてどちらを「伴侶」に選ぶのか。ドラッグストア業界大手の一角、ココカラファインを巡るマツモトキヨシホールディングス(HD)とスギHDによる争奪戦が幕を開けた。双方が自社と経営統合した際の競争優位性や相乗効果などをアピールしてココカラに激しく“求愛”。ココカラは近く、社内に特別委員会を立ち上げて両社の提案を検討し、その結論を待って最終判断する。

 ココカラの連結売上高は4005億円で業界7位。一方のマツキヨとスギはおのおの5759億円、4884億円で5位と6位。いずれを選んだ場合でも売上高はイオン系のウエルシアHD(7791億円)を上回り、業界首位に浮上する。業界初の1兆円企業の誕生も視野に入る格好だ。

 業界では15年度までの22年間にわたり、マツキヨが「盟主」として君臨してきた。しかし15年10月、過去に買収した子会社で在庫水増しなどの不正な会計操作が発覚。この間、グループ再編など内部固めに追われる隙に、ウエルシアや北海道本拠のツルハHDなどがM&Aを駆使して規模拡大を推し進め、現在は年商4000億~7000億円台に7社がひしめく群雄割拠の状態となっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  2. 2

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  3. 3

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  4. 4

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  5. 5

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  6. 6

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

  7. 7

    ゆきぽよ“安倍批判”に賛同の声 若者の政治意識は変わるか

  8. 8

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  9. 9

    ストロボが当たっているはずなのに“襟の奥”がほぼ見えない

  10. 10

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

もっと見る