重道武司
著者のコラム一覧
重道武司経済ジャーナリスト

1957年鳥取県倉吉市生まれ。84年フジサンケイグループ傘下の経済紙「日本工業新聞」(現フジサンケイビジネスアイ)の記者となり、千葉支局を振出しに鉄鋼、自動車、総合電機、財界、金融、エネルギー(電力・石油・ガス)などの業界を担当。2000年外資系通信社に転じた後、02年からフリーに。得意分野は通信社時代を含めて在籍足掛け7年にも及んだ日銀記者クラブ時代に人脈を培った金融。自動車業界にも強い。

マツキヨvsスギ ドラッグストア再編「ココカラ」の行方は

公開日: 更新日:

 果たしてどちらを「伴侶」に選ぶのか。ドラッグストア業界大手の一角、ココカラファインを巡るマツモトキヨシホールディングス(HD)とスギHDによる争奪戦が幕を開けた。双方が自社と経営統合した際の競争優位性や相乗効果などをアピールしてココカラに激しく“求愛”。ココカラは近く、社内に特別委員会を立ち上げて両社の提案を検討し、その結論を待って最終判断する。

 ココカラの連結売上高は4005億円で業界7位。一方のマツキヨとスギはおのおの5759億円、4884億円で5位と6位。いずれを選んだ場合でも売上高はイオン系のウエルシアHD(7791億円)を上回り、業界首位に浮上する。業界初の1兆円企業の誕生も視野に入る格好だ。

 業界では15年度までの22年間にわたり、マツキヨが「盟主」として君臨してきた。しかし15年10月、過去に買収した子会社で在庫水増しなどの不正な会計操作が発覚。この間、グループ再編など内部固めに追われる隙に、ウエルシアや北海道本拠のツルハHDなどがM&Aを駆使して規模拡大を推し進め、現在は年商4000億~7000億円台に7社がひしめく群雄割拠の状態となっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    “バブリーダンス”伊原六花 「なつぞら」東京編の起爆剤に

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  6. 6

    大戦中に恋に落ちて…元米軍兵士と仏女性が75年ぶりに再会

  7. 7

    向こう見ずな首相のイラン訪問 取り返しのつかない大失敗

  8. 8

    【宝塚記念】有力馬の「グランプリ」回避続出には理由がある

  9. 9

    レアル入りタイミング最悪…久保建英が南米DF陣に狙われる

  10. 10

    「チルドレン」存在と不祥事のデパート化の因縁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る