向後はるみ
著者のコラム一覧
向後はるみ投資アドバイザー

投資エバンジェリスト。ラジオNIKKEI第一「実践!投資の女神 注目銘柄分析」パーソナリティー。テクニカルアナリスト、FP。2014,16,17年の株1グランプリ・グランドチャンピオン&最多優勝ホルダー。Yahoo!ファイナンス、「ネットマネー」や「ダイヤモンドZAi」、宝島株ムックなど執筆多数。わかりやすく実践的な内容が好評で、全国で講演活動を行う。

チケット不正転売禁止法施行で「エムアップ」が事業拡大

公開日: 更新日:

 6月14日、コンサートやスポーツイベントなどのチケットの不正な転売を禁止する「チケット不正転売禁止法」が施行されました。これにより、会場の周辺などでチケットを転売するダフ屋行為や、オークションやチケット転売サイトなどでの不正転売などで違反した場合には、1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金またはその両方が科されることになります。

 購入した公演に急きょ行けなくなった場合には、不正転売ではなく、興行主の同意を事前に得ている正規(公式)のリセールサイトを利用することとしています。

 そこで、今回は、アーティストや声優、タレントのファンクラブ、ファンメールサイトなどのファンクラブ運営や、音楽ライブやスポーツなどの電子チケット事業を展開しているエムアップ(3661)をピックアップします。

 子会社化したEMTGのチケット事業では、19年3月期の電子チケット取扱枚数は約210万枚と前年比132%増と大きく伸長しています。また、公式の2次流通ではチケットトレード成立枚数約7・6万枚と前年比155%増と急成長しています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  3. 3

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  4. 4

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  5. 5

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  6. 6

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  7. 7

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  10. 10

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る